【北海道】忽布古丹醸造:「浮世離れ」を樽で飲んでみました~

忽布古丹醸造(ロゴ01)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから「浮世離れ(うきよばなれ)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。ビアスタイルがヘレスという事で、モルト好きなビアっぷるは惹かれて飲んでみました。果たしてどんな感じでしょうか( ´∀`)

忽布古丹醸造(浮世離れ)_イメージ01

『忽布古丹醸造(ホップコタン)』浮世離れ(うきよばなれ) 詳細

ビール名:浮世離れ(うきよばなれ)
ブルワリー名:忽布古丹醸造(ホップコタン)
ビアタイル:ヘレス
アルコール度数:5.0%
IBU:18
URL:忽布古丹醸造(ホップコタン)
facebook:忽布古丹醸造(ホップコタン)

コチラが「浮世離れ(うきよばなれ)」のビール画像です。

忽布古丹醸造(浮世離れ)_01

浮世離れ(うきよばなれ)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーさも感じるちょいくすんだ感じの黄金色かな。
香りは、トースト感を思わせる優しい感じがまたいいですね
飲み口は、ホップの苦味はほとんどなく持続性もないかな。また求めてる甘さもありながら、モルトの甘さもしっかり感じれ余韻まで楽しめるのがいいですね。モルトのフレーバーに奥行きのある味と甘み、ボディはライトですがコクもありスイスイと飲めるほどの優しさもある。ビールバランスも絶妙な塩梅ですし、ヘレスではかなり好みな方のビールでした^^

ブルワリーの思いが伝わったヘレス

この「浮世離れ(うきよばなれ)」ですが残念ながらホップ名は記載がなくわからずですね。また、飲んだ後にビールコメントを読ませて頂く限り、只でさえ手がかかるビアスタイルですが非常に手の込んだ愛情たっぷりに醸造されたヘレスとの事。それが伝わるかの如く、非常に優しいモルト感とモルトの甘さが出ておりビアっぷるの舌に見事ハマりましたよ。未だに大人気のブルワリーさんという事はわかってても、好みは人それぞれだが上富良野産のホップはやや苦手なビアっぷるですが、こういうモルト量が豊富なビールがあればまた是非飲んでみたいと思ってるビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから「浮世離れ(うきよばなれ)」をご紹介しました。ホッと一息付ける様なビールも大事ですよね。皆さんも機会があれば是非飲んでみてはいかがでしょうか。 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る