【静岡】West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング):「NEVER ENOUGH BASS(ネバーイナフベース)」を樽で飲みました~

WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、ようやく待ちに待った元アウトサイダーブルーイングさんのヘッドブルワーさんが醸造された静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)』さんの、セカンドバッチとなる「NEVER ENOUGH BASS(ネバーイナフベース)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。この他もう1種類飲みましたが、先ずはこのビールからですね。かなり早い時期に飲めるのは非常に有り難いと思ったビアっぷるでした( ´∀`)

『West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)』NEVER ENOUOGH BASS(ネバーイナフベース) 詳細

ビール名:NEVER ENOUGH BASS(ネバーイナフベース)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)
ビアスタイル:Hazy Pale Ale
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)

コチラがその「NEVER ENOUGH BASS(ネバーイナフベース)」のビール画像です。

West Coast Brewing(NEVER ENOUOGH BASS)

「NEVER ENOUOGH BASS(ネバーイナフベース)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある綺麗な明るい黄色ですね。
香りは、ジューシーさがありながら柑橘系の香りもします。
飲み口は、ホップの苦味はあるがヘイジーらしい控えめで甘さはそこまでなくスッキリかな。ボディはミディアム寄りのライトでさっぱり飲めるし、飲み安くビールバランスもしっかり。元アウトサイダーさんのヘッドブルワーさんだからとかではなく、冷静な感想でビアっぷるには抜群の好みな方でした^^;

えっと、この「NEVER ENOUGH BASS(ネバーイナフベース)」ですが、すいません…使用されたホップは残念ながら検索しましたが見つからずで申し訳ありません。今後は本サイトでこの辺がわかると嬉しいのですね~(^_^;)
そしてビアスタイルですが、いきなりのHazyスタイルながらペールエールという事ですね。“柑橘系で飲みやすさを重視”というのが柑橘系もしっかり出てますし、とても飲みやすかったですね。また味はともかくビールバランスに対しても文句のつけようがない。できて間もないブルワリーさんとはいえ、抜群の醸造技術を持たれたヘッドブルワーさんですからね。伊勢角屋麦酒さんや志賀高原ビールさん、箕面ビールさん等と遜色のない醸造のレベルと実感したビールでした。

恒例の『WEBフライヤー』は…

そして面白い試みとしては、奈良醸造さんでも独特な画をサイトやPOST CARDにも使用されてますが、このWest Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)さんも

West Coast Brewing(NEVER ENOUOGH BASS)_image1

この様な独特な画が使われておりますね。この画から見ると、DJのホップが海岸沿いにいるホップ達に音楽を奏でながらヘリコプターを…すいません説明ができませんのでこのへんでストップwww
はい、facebookには『静岡の海岸の、あるべき姿?!夏を楽しもう!!』と記載されてましたよ!ビアっぷるが思ったのと全然違ってましたね(^_^;)
このブルワリー名からもそうですが、海外系のビールにはこの様な独特な画を使ったビールが多いイメージですよね!

いやぁ、しかし忽布古丹醸造さんの時もヘッドブルワーさんが有名でアッという間に広まりましたが、このWest Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)もアッという間に広まるのはほぼ間違いないでしょう。既にタップルームの方もOPENされてる様ですし、静岡なら簡単に行けます。年内には是非お伺いしたいブルワリーさんですね!その時には今回のんだビールの他に種類がたくさんあるといいなぁ~( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)』さんの、セカンドバッチとなる「NEVER ENOUGH BASS(ネバーイナフベース)」をご紹介しました。今後はどんどん露出が増えてくると思いますが、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ズモナビール(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、岩手県は遠野市にある『遠野麦酒(ズ…
  2. TDM 1874 Brewery(ロゴ)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、神奈川県は横浜市にある『TDM 1…
  3. 京都醸造(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、京都府は京都市にある『kyoto …
ページ上部へ戻る