【栃木】うしとらブルワリー:「おにごり#674」を樽で飲んでみました~

うしとらブルワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、栃木県は下野市にある『Ushi Tora Brewery(うしとらブルワリー)』さんから「Onigori(おにごり)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は…2021年7月の『縁麦(えんばく)』以来ですか。因みに今回のビールは、先月9月に開催された“けやきひろばビール祭り用”に醸造されたヘイジーIPAとなり、やや遅れてのご紹介となりますので仮に飲めない際はご了承くださいませ😅

『Ushi Tora Brewery(うしとらブルワリー)』Onigori(おにごり) #674 詳細

ビール名:Onigori(おにごり) #674
ブルワリー名:Ushi Tora Brewery(うしとらブルワリー)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:0
URL:Ushi Tora Brewery(うしとらブルワリー)
facebook:Ushi Tora Brewery(うしとらブルワリー)

こちらがその「Onigori(おにごり) #674」のビール画像です。

うしとらブルワリー(おにごり #674)_01

「Onigori(おにごり) #674」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめなオレンジベージュで好みな色味
香りは、ややココナッツがさ柑橘さのホップ感
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は喉奥でちょいピリピリ残る感じか。またもt目てる甘さはない。そしてココナッツさがグイッと感じてからのドライでやや薄め。飲み後には甘さがなく、苦味よりややピリピリな辛味っぽさが舌に余韻で残る。ボディはミディアムでドライさもあり、アルコール度数6.5%にしては飲み応えはあるも残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦。

甘さが控えめも、色味は好み

この「Onigori(おにごり) #674」ですが、ホップはシトラにセンテニアル、サブロにモトゥエカとネルソンソーヴィンの5種類。その他モルトにオーツ麦などを使い醸造されています。正直大変申し訳ないが、うしとらさんのビールを飲む機会が極めて少ない為ヘイジーIPAを造ってる事すら知りませんでした😵。そんな中、今回のビールの公式コメントに『糖分は程よく切って』醸造された様です。実際にその様に感じれたのでブルワリーさんとしては思うようなビールは出来上がってる感じも、糖度を切った時点でビアっぷるの好みから遠ざかるので残念ながら好みに至らず😅。その他感じ方は人それぞれだが、やや舌に残るホップのピリピリ感とアルコール度数6.5%の低さもあってか?濃さが物足りずやや薄めに感じたかな。多分うしとらさんを好む方にはこういう感じがしっくりくるのかもしれませんね!。今後は、アルコール度数8.0%を超えるヘイジーがリリースされた際に飲ませて頂きたいと思っているビアっっぷるです😄。あ、そういえばインクホーンさんやWCBさん同様今月の『ニュートラルケースクラフトビアフェストセタガヤ2022』に参加されますね。ここでこのビールが出るかも!?と、気になる方は是非参加してみてはいかがででしょうか✨😄

はい、という事で今回は、栃木県は下野市にある『Ushi Tora Brewery(うしとらブルワリー)』さんから「Onigori(おにごり) #674」をご紹介しました。濃さは控えめでドライめなやや薄めのヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る