【大阪】箕面ビール:「桃ヴァイツェン(清水白桃Ver.)/2022」を樽で飲んでみました~

箕面ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから「桃ヴァイツェン(清水白桃Ver.)/2022」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『桃ヴァイツェン(早生Ver.)/2022』でしたが、今回も贅沢ながら樽開栓初日だったので飲ませて頂く事に✨。さて、どんな感じでしょうか😄 

『MINOH BEER(箕面ビール)』桃ヴァイツェン(清水白桃Ver.)/2022 詳細

ビール名:桃ヴァイツェン(清水白桃Ver.)/2022
ブルワリー:箕面ビール
ビアスタイル:フルーツヴァイツェン
アルコール度数:5.0%
IBU:12
URL:MINOH BEER(箕面ビール)
facebook:MINOH BEER(箕面ビール)

コチラがその「桃ヴァイツェン(清水白桃Ver.)/2022」のビール画像です。

箕面ビール(桃ヴァイツェン(清水白桃ver.)/2022)_イメージ01

「桃ヴァイツェン(清水白桃Ver.)/2022」飲み応えレビュー

見た目は、濁りある明るめなレンジ黄色という感じかな
香りは、華やか+芳醇に感じれる爽やかな桃感炸裂!
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はなし。また求めてる甘さはない。そして鼻全体を覆い尽くす華やかで爽やかなホップフレーバーに、フレッシュでジューシーな桃感。飲み後の甘さと苦味は控えめで、桃余韻が持続する。ボディはミディアムで非常に飲みやすく口当たりも滑らか。ただ甘さが物足りず、残念ながらビアっぷるの好には至りませんでした💦

“開栓初日飲み”はさすが絶大な桃感

この「桃ヴァイツェン(清水白桃Ver.)/2022」ですが、箕面さん毎年恒例で季節限定のビール。そのビールはホップは記載はなし。またその他原材料は、和歌山県は“あら川の桃 八旗農園(はっき)”さんの国産桃(清水白桃)を使い醸造されたフルーツヴァイツェン🍺。ええ、ビアっぷる長年飲ませて頂いておりますので今年は運任せもあるが…“飲めるなら開栓初日”という贅沢な飲み方をさせて頂いてます😅。その為、2つめの『白鳳(はくほう)』が開栓初日に飲めずじスルーとなりましたが、早生ver,と今回の清水白桃ver.は共に開栓初日を飲めています✨。その贅沢な飲み方は、特にフレッシュ且つ芳醇さが絶大🍑✨。更に甘さも初段階の方が各々桃の甘さが特に伝わる印象。逆に樽底も過去何度も飲ませて頂いてるが、ビアっぷる的に贅沢さはやはり“開栓初日飲み”😁。ただ、この飲み方はビアっぷるの勝手な拘りでして箕面さんの桃ヴァイツェンは毎年ブレが極めて少ない。そして初日でなくとも十分桃の特徴が出ているのがこのビールの凄さ。もうクラフトビールを飲まれてる方にはだいぶ認知されたと思えますが…来年、再来年と今後も長くリリースされ続ける事を切に願うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから「桃ヴァイツェン(清水白桃Ver.)/2022」をご紹介しました。芳醇でフレッシュな桃感と甘さ控えめな清水白桃ver.🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る