【埼玉】SHIKI BEER(しき びあ):「SOUR APRIL(サワー エイプリル)」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、埼玉県は志木市にある『SHIKI BEER(しき びあ)』さんから「SOUR APRIL(サワー エイプリル)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ビアスタイルがサワーエールとの事でかなり苦手ではありますが、久しぶりに飲んでみましたよ^^;

ビール名:SOUR APRIL(サワー エイプリル)
ビアスタイル:アメリカンサワーエール
ブルワリー:SHIKI BEER(シキ ビア)
アルコール度数:6.3%
IBU:?
URL:SHIKI BERR(シキ ビア)
facebook:SHIKI BERR(シキ ビア)

こちらが、その「SOUR APRIL(サワー エイプリル)」のビール画像です。

SHIKI BEER(サワー エイプリル)

見た目は、鮮やかな琥珀色。
香りは、フルーツっぽい酸味がほのかに感じる。
飲み口は、フルーツのりんごを思わせる味でかなりフルーティーで酸味は控えめな感じ。また、まろやかで飲みやすくこれでアルコール度数6.3%はちょっと危険なビールかもwww。求めてる甘みはなく苦味はほのかにあるのだがそこまで気にならない。サワーエールと考えれば他のブルワリーさんも含めて今までの中では、かなり飲みやすいと思えたサワーエールでした^^;

はい、この「SOUR APRIL(サワー エイプリル)」ですが、前回の『SHIKI BEER(しき びあ)』さんのビールを紹介した時にもお伝しましたが、公式サイトにもfacebookにも原材料等の詳細がないんですよね…ビアイベントのことが大半でビールの説明をしてほしいのですが、忙しいのか?それともあまり原材料を公表する事に興味が無いのか?残念です(^^ゞ

という事でご紹介のビールの話しは終わってしまいますので…引っ張って、今回、久しぶりにサワーエールを飲みましたが尖ったサワーエールではないので、
一般の方には飲みやすいかもしれないですね。が、ビアっぷるには特徴があまり感じられなかったのが残念。こういうサワーは他のブルワリーさんでもあるので、もっと攻めたビールがあるといいと思うのはビアっぷるだけ!?はい、勝手な個人の意見ですので悪しからずwww

SHIKI BEERさんは相変わらずセゾンやストロングエールを主にサワー系を多く醸造しているイメージですが、アメリカン的なIPAは醸造する気はあまりないという事からの立ち上げでしたので、ビアっぷるの見えてる範囲ではコンセプト通りに進んでる!?感じですね~☆。ストロングエールも丁寧に造られた感じは凄く伝わるのだが、良い意味で何か特徴があるとインパクトになるのでもっと尖ったやつを飲んでみたいなぁwww。今度SHIKI BEERさんのビールを飲む時は、ビアっぷるの記憶に残るようなビールだといいな~と、勝手に思ってみました(´∀`)

はい、という事で今回は埼玉県は志木市にある『SHIKI BEER(しき びあ)』さんから「SOUR APRIL(サワー エイプリル)」を紹介しました。フルーティーなサワーエールで酸味も抑えめですので、皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る