【静岡】反射炉ビヤ:「南伊豆トロピカルエール」を樽で飲んでみました~

反射炉ビヤ(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんから「南伊豆トロピカルエール」を樽で飲みましたので、ご紹介したいと思います。この時期にいかにも合いそうな“グアバを使ったビール”と知ったらそれは飲まないと!という事で、どんな感じか楽しみです( ´∀`)

反射炉ビヤ(南伊豆トロピカルエール)_イメージ01

『反射炉ビヤ』南伊豆トロピカルエール 詳細

ビール名:南伊豆トロピカルエール
ブルワリー:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
ビアスタイル:ペールエール
アルコール度数:5.0%
IBU:12
URL:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
facebook:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)

こちらがその「南伊豆トロピカルエール」のビール画像です。

反射炉ビヤ(南伊豆トロピカルエール)_01

南伊豆トロピカルエール」飲み応えレビュー

見た目は、やや濃いオレンジぽっい色という感じでしょうか。
香りは、グアバもトロピカルさもなくホップな感じ。
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はないかな。また、求めてる甘さもなく何よりグアバさんが脳に捜索願いを出すも、味…フレーバー…余韻と微塵もいないと思えるほど感じれなかった。トロピカル感も極めて感じれないに等しく、どう飲んでも“グアバが入ってないペールエール?”だと思ったwww。ボディはライトでスイスイ系だが、残念ですが、ビアっぷるの好みではありませんでした^^;

コメントにはグアバ感とトロピカル感が…

この「南伊豆トロピカルエール」ですが、ホップはシトラとモトゥエカ、そしてアイダホ7にネルソンソーヴィン、更にギャラクシーの5種を使用して醸造されたビール。また、副原料には南伊豆で生産するストロベリーグアバ農園さんのイエローグアバを使用した様ですね。気になるブルワリーさんのコメントは、香りで“グレープフルーツ、グアバ、パイナップル、桃などの果実アロマな印象”、そして味わいが、“イエローグアバ由来の酸味、果実味がジュワっと広がりアロマでも他の果実を思わせるフルーティー、更に余韻としてグアバ、ホップ、モルトの全体のバランス感でトロピカルな印象”との事。

“奇麗に整ったペールエール”かな。

実際に醸造された段階ではあったという事でしょうから何ともですが…開栓2日目に飲んでもあまりにもビアっぷるとの感想がかけ離れてるのは摩訶不思議。気になるのはグアバは実際どれくらい使われたのだろうか?そしてトロピカル感!?、酸味!?グアバが!?、という事で周りのビア仲間ともその後の話題になったが結論は、ビールのバランスが整ってるだけに勿体ないが、“奇麗に整ったペールエール”で一致。人の舌は十人十色の中で、複数人の感想ではあるが一概には言えないのは百も承知してるが…。ひょっとしたらボトルだとブルワリーさんのコメントの様な感じになってるのかな!?…と色々と気になるが、飲み手からの感想はビアっぷるも含めこんな感じでした。また次バッチで『南伊豆トロピカルエール』が出たら、改めて飲んでみたいとも思ってます( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんから、「南伊豆トロピカルエール」をご紹介しました。まだまだ暑い季節が続きますので、“トロピカル”というビールを皆さんも機会があったら飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る