【福島】ホップガーデンブルワリー:「いちごとカシスのゴーゼ」を樽で飲んでみました~

ホップジャパン(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、福島県田村市にある『Hop Garden Brewery(ホップガーデンブルワリー)』さんより「いちごとカシスのゴーゼ」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はいちごを使ったサワーの『いちご香るSOUR』で、今回はいちごが使われたゴーゼ🍺。さて、どんな感じか楽しみなビアっぷるです😄

『Hop Garden Brewery(ホップガーデンブルワリー)』いちごとカシスのゴーゼ 詳細

ビール名:いちごとカシスのゴーゼ
ブルワリー名:Hop Garden Brewery(ホップガーデンブルワリー)
ビアスタイル:フルーツゴーゼ
アルコール度数:4.5%
IBU:12
URL:Hop Garden Brewery(ホップガーデンブルワリー)
facebook:Hop Japan(ホップジャパン)

こちらがその「いちごとカシスのゴーゼ」のビール画像です。

ホップガーデンブルワリー(いちごとカシスのゴーゼ)_01

「いちごとカシスのゴーゼ」飲み応えレビュー

見た目は、いちごとカシスを連想するクリアな赤ピンクで綺麗
香りは、カシス→優しいいちご感で酸味がやや強めも爽やかさ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はそこまでないかな。また求めてる甘さはない。カシス&いちごの絶妙なフレーバーから、酸味がキュっときた後に余韻が持続する。飲み後には甘さがなく苦味は控えめなまま。ボディはライトでスイスイ飲めるし飲み応えもあり、ビアっぷるは好みな方のビールでした✨

“ABUKUMA”の独自ホップが気になる…

この「いちごとカシスのゴーゼ」ですが、最初に今回よりブルワリー名を変更をします。以前は会社名の“Hop Japan(ホップジャパン)”さんと表記しておりましたが、今後はブルワリー名の『Hop Garden Brewery(ホップガーデンブルワリー)』さんで統一しますのでご了承くださいませ。さて、今回のホップですが全て自社栽培のカスケードにABUKUMA(あぶくま)、そしてベルマの3種類を使用。また、その他原材料には大熊町産のいちごに田村市産のカシス、小麦やコリアンダーシードに糖類を加え醸造されたフルーツゴーゼ。因みに“塩”を使っているゴーゼしか飲んだ事がないビアっぷるですが、公式サイトの原材料表記が

ホップガーデンブルワリー(いちごとカシスのゴーゼ)_原材料イメージ01

と、決して悪い意味ではありませんが“塩”の表記はありません。確かに酸味が前面に出て“塩感”を見つけきれずだったのも事実だが、“塩が使われてない”ゴーゼは初めて飲ませてもらったが、以前噂で聞いた事のある“コンテンポラリーゴーゼ”となるのかな!?間違ってたらすいません😅。まぁ、結局好みで良かったのですが、中でも良い意味で気になった事を。今回使用されている“ABUKUMA(あぶくま)”という自社の独自ホップ。味やフレーバーが今回のカシスといちごで掻き消されている感じから、個性を見極められす。是非このホップだけのビールを飲んでみたい✨。そして、その他10種類以上も日本の土壌で栽培されたクセの少ない自社栽培ホップに、地産地消の材料を使用されたビール🍺。更に社会貢献をもされてる企業さん。全てに於いてこれぞ理想で、独自性のあるブルワリーさんではないでしょうか。勝手ながら今後も、独自の目線で注目していきたい思うビアっぷるでした😄

はい、という事で福島県田村市にある『Hop Garden Brewery(ホップガーデンブルワリー)』さんから「いちごとカシスのゴーゼ」をご紹介しました。カシス6、いちご4な感じの酸味が強めなゴーゼ🍺。皆さんも機会があったら飲んでみてくださいね~ 
ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る