【東京】インクホーンブルーイング:「メジロ #2」を樽で飲んでみました~

インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから「Mejiro(メジロ) #2」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Snowy Owl(スノーウィアウル)』でしたが、今回は過去の記憶が蘇るビール名でもあるが…さて、どうなってるか興味をそそられます😅 

インクホーンブルーイング(トップイメージ)_01

『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』Mejiro(メジロ) #2 詳細

ビール名:Mejiro(メジロ) #2
ブルワリー:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
ビアスタイル:アメリカンIPA
アルコール度数:6.8%
IBU:???
URL:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
facebook:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)

こちらがその「Mejiro(メジロ) #2」のビール画像です。

インクホーンブルーイング(メジロ #2)_01

「Mejiro(メジロ) #2」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめなオレンジ色
香りは、フルーティーでヘイジーを思わせる風味
飲み口は、ホップの苦味は控えめな方で持続性もそこまでないかな。また求めてる甘さはなし。そしてピンクグレープフルーツさを主にフルーティーな印象。飲み後には微甘やかさと、かなり柔らかめなホップの苦味にやや水っぽさも。ボディはミディアム寄りのライトで飲みやすく口当たり滑らかもドライ。いつもの奥深さが感じれず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

摩訶不思議さをいつか…

この「Mejiro(メジロ) #2」ですが、2021年10月に飲ませてもらった『Mejiro(メジロ)』をベースに醸造された2バッチ目のビール🍺との事。ホップはストラータにシトラインコグニート、シトラクライオに唯一前回と原産地が違うアイダホ7を使用。またモルトは北米産とイギリス産をベースにその他複数。そして酵母はドライに仕上げる為にロンドンフォグケルン?と読むのか、“London Fog, Köln”を使用し醸造されたアメリカンIPAですね。えっと、懐かしいのと同時に今尚以前の記憶が蘇るのがあの“水っぽさ”を思わせる印象の飲み口。そして今回も感じ方は人それぞれも、同様の“水っぽさ”が残った😵。ここ最近インクホーンさんのビールをヘイジー以外も多種飲ませて頂いてる限り、ほとんど感じないのにこのビールでは前回同様感じる。それにより“奥深さ”までもこのビールではいつもと違う印象で感じれない💧。やはり原材料の“何か”?がそれを思わせるのだろうか?、それとも醸造過程での事なのか?摩訶不思議。こういう事を1つ1つ解明していかないと、自身の最高に好みなビールを追求する上では必須な反面、ビアっぷるの舌の感じ方を人に聞いても理解されるのは極稀でこれまた難しい事。勝手ながらこのインクホーンさんしかり、サノバスミスさんや横浜ビール研究所さん等など、醸造変態(褒め言葉です)な方々にいつか摩訶不思議な事を教えてもらえる日がくるといいなぁ~✨と、勝手に妄想しているビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから「Mejiro(メジロ) #2」をご紹介しました。アメリカンIPAだが、ヘイジー風味でドライなビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る