【大阪】箕面ビール:「桃ヴァイツェン(早生Ver.)/2022」を樽で飲んでみました~

箕面ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから「桃ヴァイツェン(早生Ver.)/2022」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Monkey Fist(モンキーフィスト) 2022ver.』でしたが、今年も恒例の“桃ビール”✨。ボトルではなく樽(ドラフト)を待ったらやや出遅れた感もありますが😵。さて、今年はどんな感じでしょうか😄

『MINOH BEER(箕面ビール)』桃ヴァイツェン(早生Ver.)/2022 詳細

ビール名:桃ヴァイツェン(早生Ver.)/2022
ブルワリー:箕面ビール
ビアスタイル:フルーツヴァイツェン
アルコール度数:5.0%
IBU:12
URL:MINOH BEER(箕面ビール)
facebook:MINOH BEER(箕面ビール)

コチラがその「桃ヴァイツェン(早生Ver.)/2022」のビール画像です。

箕面ビール(桃ヴァイツェン(早生ver.)/2022)_01

「桃ヴァイツェン(早生Ver.)/2022」飲み応えレビュー

見た目は、濁りあるオレンジ黄色という感じかな
香りは、優しく爽やかでもちゃんと感じれる桃感は心地よい
飲み口は、ホップの苦味は弱めも舌奥で持続してちょっと残る感じかな。また求めてる甘さはない。そして桃フレーバー炸裂からの、フレッシュな感じにやや感じれるジューシーさ。飲み後には桃の程よい甘さと今年は炭酸がやや強め!?に感じた舌感。温度が上がり桃感も上がった中で余韻が続くのも好印象。ボディはミディアムも非常に飲みやすく、口当たりも滑らか。ビアっぷるの好みは方のビールでした✨

第一弾“早生ver.”はフレッシュさも

この「桃ヴァイツェン(早生Ver.)/2022」は毎年恒例の季節限定ビールですね桃🍺。特にビアっぷるは、4種の中ではこの“早生ver.”が毎年好みの確率が高いので逃したくなかったのも本音です😁。さて、ビールですがホップは記載はなし。またその他原材料は以前と同じで、和歌山県は“あら川の桃 八旗農園(はっき)”さんの国産桃(早生)を使い醸造されたフルーツヴァイツェン🍺。因みに8月5日(WAREHOUSEにて)、そして12日(オンラインショップにて)に第一弾が発売されましたが、今回ビアっぷるは敢えて“樽開栓初日の1杯目”を狙って発売日より少し遅れたブログアップとなりました😅。感じ方は人それぞれですが、そのせいもあってか?決して水っぽくなく桃感もしっかりで飲みやすい中にやや濃さと飲み応えもあり。そして桃由来の香りとほのかな甘味はさすが。桃自体はその年により糖度等の多少の変化はある中でも、今年のデキは好印象なビアっぷる😍。そしてビール自体がほとんどブレないこれこそ箕面さんの技術でもあり、かなり認知されてきたと思える『桃ヴァイツェン』✨。今後続く白鳳・清水・川中島ver.も人気必至でしょうし桃ハンターも続出する事間違いなしですが、反面毎年この時期には1年が早いなぁ~とも思うビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから「桃ヴァイツェン(早生Ver.)/2022」をご紹介しました。桃の特徴で変化を感じれる桃ヴァイツェン🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る