箕面ビール×Oxbow Brewing:「モンキーフィスト 2022ver.」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、今年もリリースとなった箕面さんシーズナルビール🍺。大阪は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんと、アメリカはメイン州にある『Oxbow Brewing(オックスボウブルーイング)のコラボビールとなる「Monkey Fist(モンキーフィスト) 2022ver.」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。因みに昨年飲ませて頂いた『2021ver.』はボトルでだったが、かなり好印象を持ってます✨。さて、今年は樽(ドラフト)ですがどんな感じでしょうか😄

箕面ビール×オックスボウ(モンキーフィスト 2022ver.)_イメージ01

『MINOH BEER(箕面ビール)×Oxbow Brewing(オックスボウブルーイング)』MONKEY FIST(モンキーフィスト) 2022ver. 詳細

ビール名:Monkey Fist(モンキーフィスト) 2022ver.
ブルワリー:箕面ビール×Oxbow Brewing
ビアスタイル:イタリアンピルスナー
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:MINOH BEER(箕面ビール)
facebook:MINOH BEER(箕面ビール)

コチラがその「Monkey Fist(モンキーフィスト) 2022ver.」のビール画像です。

箕面ビール×オックスボウ(モンキーフィスト 2022ver.)_01

『MONKEY FIST(モンキーフィスト) 2022ver.』飲み応えレビュー

見た目は、超綺麗な黄金色という感じですね
香りは、奥深さを感じるモルト感がたまらなく心地よい
飲み口は、ホップの苦味はやや強めで持続性は舌脇で残る方かな。また求めてる甘さはない。そしてふくよかさを感じるホップフレーバー+優しいモルト感はこころを落ち着かせてくれる。ただ飲み後には甘さがなく、ホップの苦味がかなり残る。ボディはかなりライトで飲みやすいし、飲み応えもあるのだが…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

モルト寄りから、奇しくもホップ寄り!?

この「Monkey Fist(モンキーフィスト) 2022ver.」ですが、昨年同様アメリカのOxbow(オックスボウ)さんとのコラボ🍺ですね。また、ホップは公式サイトに記載を見つけきれずだが、昨年同様でハラタウハラタウ、ハラタウシュパルトセレクト、そしてハラタウトラディションを使いヨーロッパ産のノーブルホップをドライホップしたイタリアンピルスナーですね。因みに昨年はボトルでしたが、好みや感じ方は人それぞれもかなり好みでした😍。味にはふくよかで奥深しい甘さも感じるモルト感が強く出た中で、ホップのホロ苦味が下支えするベストバランスに対して、2022ver.はフレーバーが抜群にUPしてるのは好印象な反面明らかにホップの苦味が強くなっている!😵。こちらの方を好む方も多くいそうだが、昨年の好印象が残ってるだけに…。同じレシピでも状況やタイミング、そして醸造箇所やボトル、樽(ドラフト)等など考慮すれば味が変わる要素は出てくるので致し方ない事だが、ええ…これもクラフトビールですしこれぞクラフトビール🍺。次回は来年になりそうですが、2023ver.がどう出てくるか早くも興味をそそられてるビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は、『MINOH BEER(箕面ビール)×Oxbow Brewing(オックスボウブルーイング)』さんのコラボビールとなる「MONKEY FIST(モンキーフィスト) 2022ver.」をご紹介しました。ホップ>モルトという感じのイタリアンピルスナー🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る