【神奈川】レボブルーイング:「DDHヘイジー!ヘイジー!IPA」を樽で飲みました~

レボブルーイング(ロゴ)_01new2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は横浜市にある『Revo Brewing(レボブルーイング)』さんの「DDH Hazy!Hazy!IPA(DDHヘイジー!ヘイジー!IPA)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はお伺いした際に自社ビールが3種で寂しい中『Imperial lager(インペリアルラガー)』を飲ませて頂きましたが、今回はインスタで有名な方?とそのビア友仲間さん達で誕生したビール🍺という事かな?。何れにせよヘイジーなので、どんな感じか楽しみです😄 

レボブルーイング(トップイメージ)_04

『Revo Brewing(レボブルーイング)』DDH Hazy!HAZY!IPA(DDHヘイジー!ヘイジー!IPA) 詳細

ビール名:DDH Hazy!Hazy!IPA(DDHヘイジー!ヘイジー!IPA)
ブルワリー名:Revo Brewing(レボブルーイング)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:7.5%
IBU:8.0
facebook:Revo Brewing(レボブルーイング)

こちらが「DDH Hazy!Hazy!IPA(DDHヘイジー!ヘイジー!IPA)」のビール画像になります。

レボブルーイング(DDHヘイジー!ヘイジー!IPA)_01

DDH Hazy!Hazy!IPA(DDHヘイジー!ヘイジー!IPA)」飲み応えレビュー

見た目は、いかにも濃さを思わせるオレンジベージュという感じかな
香りは、甘やかさ+フルーティさを感じる
飲み口は、ホップの苦味はやや強めで持続性はジワジワと長めに残るかな。また求めてる甘さはない。そしてちょい柑橘さとマンゴーフレーバーから、ジューシーさは弱めで飲み後の加糖っぽい甘さもあるが、何よりホップの苦味が存在感あり。ボディはミディアムで苦味を推した感じのヘイジーIPAな印象。残念ながらこの苦味がビアっぷるの好みではありませんでした💦

ホップの効いたヘイジーIPA

この「DDH Hazy!Hazy!IPA(DDHヘイジー!ヘイジー!IPA)」ですが、ホップはモザイクとシトラとヴィックシークレットの3種類。モルトはペールモルトとウィートモルトにオーツ麦、その他原材料には糖類を加え醸造されたヘイジーIPAですね。ここから好みの話しですが、存じ上げないので敢えてお名前等は伏せますが、有名なヘイジーIPA好きなインスタグラマーさん?達とのコラボビールの様ですね。で、素直にビアっぷるの舌とは真逆な印象でした😅。ヘイジーにしては、ホップの苦味が加糖された甘さをも飲み込む程の強め💣。そして気になるIBU8.0という数値から、勝手ながら“苦味は控えめ?”と思いきやかなり苦くて苦くて😵。まぁ、ビアっぷるが求めてる醸造過程の甘さ(加糖とは別)とは違ったがこの苦さを求めて醸造されてるのなら当然それで◎。何れも好みという事になりますが、ヘイジーにホップの苦味を求めてる方にはしっくりくると思いますよ~✨。ただ、苦い甘いはともかくもう少し何か別の特徴があるヘイジーIPAだったら面白かったかなぁ~と、余計なお世話ですが思ったビアっぷるでした😅

はい、という事で神奈川県は横浜市にある『Revo Brewing(レボブルーイング)』さんの「DDH Hazy!Hazy!IPA(DDHヘイジー!ヘイジー!IPA)」をご紹介しました。苦味の強めなヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る