【長野】志賀高原ビール:「Salty & Misty」を樽で飲んでみました~

志賀高原ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『Shigakogen Beer(志賀高原ビール)』さんより「Salty & Misty(ソルティ&ミスティ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。因みに前回は、『無我霧中(むがむちゅう) 2022ver.』でしたが今回は…“天然塩”を使ったセッションなヘイジーIPAとの事✨。さて、どんな感じでしょうか😄

志賀高原ビール(Salty & Misty(ソルティ&ミスティ))_イメージ01

『Shigakogen Beer(志賀高原ビール)』Salty & Misty(ソルティ&ミスティ) 詳細

ビール名:Salty & Misty(ソルティ&ミスティ)
ブルワリー名:Shigakogen Beer(志賀高原ビール)
ビアスタイル:セッションIPA
度数:4.5%
IBU:5
URL:Shigakogen Beer(志賀高原ビール)
facebook:玉村本店

コチラが「Salty & Misty(ソルティ&ミスティ)」のビール画像です。

志賀高原ビール(Salty & Misty(ソルティ&ミスティ))_01

「Salty & Misty(ソルティ&ミスティ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りと濃さを感じれるオレンジ黄色で鮮やか
香りは、柑橘さとちょいグラッシーさも?
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌中でちょい残るかな。また求めてる甘さはない。そして強めなグラッシーさと柑橘さホップ感。その後小麦由来か?やや滑らかよりまったりな感じは気になるのと、塩感が見極められなかった。飲み後には甘さがなく苦味は最後まで控えめ。ボディはミディアム寄りのライトで飲み応えはあるが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

天然塩の効果

この「Salty & Misty(ソルティ&ミスティ)」ですが、ホップは記載なし。その他原材料には、小麦とオーツ麦に天然塩を加え醸造されたヘイジーなセッションIPAですね🍺。先ず気になったのは天然塩の事。公式ブログには『塩味は感じるがしょっぱい訳ではなく、ホップを引き立てて飲みやすくマウスフィールに貢献してる?』との事。なるほど…因みに塩分に拘りもあるビアっぷるですが塩味はわからず。ひょっとしたら塩分が樽底の方に溜まってるのか!?、とも思ったが…悔しい限り😵。とある方には、『ミネラル感がある』という感じだったが…ビアっぷるにはその“ミネラル感”もどんな感じかわからず情けない😅。ただ、勉強になったのは…ブルワーさんのコメントで、可能性として塩で“マウスフィールに貢献”。のコメントにはとても興味を持ち勉強になったので感謝✨。それでも醸造には未だ興味を持たずとも、この季節に合う+セッションでも飲み応えがあるのは間違いない。気になる方は是非お試しあれ~😄

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『Shigakogen Beer(志賀高原ビール)』さんより「Salty & Misty(ソルティ&ミスティ)」をご紹介しました。ホップの苦味弱めでセッションでも飲み応えしっかり🍺。皆さんも機会があれば料理と一緒に是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る