Y.MARKET BREWINGから「NEW FACE(ニューフェイス)」を樽で飲みました~

ワイマーケットブルーイング(ロゴ3)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛知県は名古屋市にあるY.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)さんから、ニューイングランドIPAの限定醸造「NEW FACE(ニューフェイス)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。さてさて、ワイマーケットさんのニューイングランドIPAはビアっぷるにとっていつも苦いのですが、
今回はどんな感じでしょうか?^^;

ビール名:NEW FACE(ニューフェイス)
ブルワリー名:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
スタイル:NE WIPA
アルコール度数:7.0%
IBU:26
URL:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
facebook:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)

コチラがその「NEW FACE(ニューフェイス)」のビール画像です。

Y.MARKET BREWING(NEWFACE)

見た目は、にごにごのオレンジ色。
香りは、毎度の事ながらジューシーさをしっかり感じます。
飲み口は、ジューシーさがしっかりありフルーティーさも感じるニューイングランドIPA。ですが、苦味がややありながらビアっぷるが求めてる“甘さ”はない。ボディはミディアムでやや水っぽ気もするがトロ味も少なくネクター感は感じられませんでした。因みにモザイクがいないのはわかるが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

はい、この「NEW FACE(ニューフェイス)」ですがワイマーケットさんのビール説明には、“ボディーを豊かに、甘みも強く、という新しいアプローチで挑んだニューイングランドIPA”との事ですが、ボディの豊かさという表現はなんとなく伝わるが、これで甘いという事なのだろうか?以前とさほど変わってないのだが、ビアっぷるの舌が微妙なのかな?(^_^;)

また、ホップはサブロ、ローラル、エクアノットの3種類をふんだんに使ったとのことで、苦手なモザイクホップを使用されてないまでは良かったのですが、今までのニューイングランドIPAと代わり映えがしないと思うのはビアっぷるだけだろうか?www

やはり先日お伝えした、鬼伝説地ビールさんの『NEWオロフレIPA』は確実に加糖をしていない、成分的な甘さがしっかりあって甘かった。舌は十人十色で人それぞれなだけにこれを甘いと言われてしまえば話が終わるのだが、一応数人のビア仲間にこれは『甘さは…』という結論には至りました。とはいえ、かなり大人気のブルワリーさんでビア仲間もワイマーケットブルーイングキッチン?のfacebookの記事が複数挙がってたりと好みな方は凄く多いのでしょうね。ビアっぷるには複雑な状況ではありますが…(^_^;)

はい、という事で今回は、愛知県は名古屋市にあるY.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)さんから、限定醸造の「NEW FACE(ニューフェイス)」を紹介しました。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール(限定醸造)に、ビアイベント、ブルワリーの情報を紹介しております。もしご興味があれば是非そちらもみてください(^^)

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る