【東京】バテレ:「クリスマス2022 サワーIPA」を樽で飲んでみました~

VERTERE(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)』さんから「Christmas 2022 Sour IPA(クリスマス2022 サワーIPA)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はWCBさんとのコラボビールで『Window to WCB 2022(ウインドウトゥWCB 2022)』でしたが、今回は毎年恒例のクリスマス限定醸造ビールですね🍺✨。まさかの樽(ドラフト)で飲める事がビックリなビアっぷるですが、どんな感じでしょうか😄

VERTERE(クリスマス2022 サワーIPA)_イメージ01

『VERTERE(バテレ)』Christmas 2022 Sour IPA(クリスマス2022 サワーIPA) 詳細

ビール名:Christmas 2022 Sour IPA(クリスマス2022 サワーIPA)
ブルワリー名:VERTERE(バテレ)
ビアスタイル:サワーIPA
アルコール度数:7.5%
IBU:0
URL:VERTERE(バテレ)
facebook:VERTERE(バテレ)

こちらが「Christmas 2022 Sour IPA(クリスマス2022 サワーIPA)」のビール画像になります。

VERTERE(クリスマス2022 サワーIPA)_01

「Christmas 2022 Sour IPA(クリスマス2022 サワーIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーでチェリー色か赤褐色で鮮やか
香りは、ほのかなチェりー感と程よい酸味が心地よい
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はほぼなし。また求めてる甘さもなし。そしてチェリーフレバー+クローブ感から、やや強調されたバジルさが後追い。飲み後には甘さがやや感じるが、エグみっぽいホップの苦味は微出てる印象。ボディはライトながら、アルコール度数7.5%もあるの!?と思わせる飲みやすさはあれど、バジル感とチェリーさんがややマッチしてない印象で残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

クリスマス限定醸造ビール3種類の内の1つ

この「Christmas 2022 Sour IPA(クリスマス2022 サワーIPA)」ですが、このビールはこの様に、

VERTERE(クリスマス2022 3種類)_メインイメージ01

2022年限定のクリスマスビールで3種類醸造された内の1つ。残り2つはビアスタイルがブロンドエールとバーレーワイン🍺✨。そちらも飲ませて頂いてるので後日ご紹介できればと思いますが、先ずは今回のサワーIPAの詳細を。ホップはアザッカにエルドラドの2種類。モルトはピルスナーやオーツ麦等計5種類。そして酵母はクヴェイクで、その他原材料には乳酸菌にチェリーとクローブ、そしてバジルにバニラにデキストロースを加え醸造されたサワーIPAですね。ビアっぷる的に、バテレさんが得意とするフルーツ系(今回チェリー)を使用したサワーでかなり期待大!の中、感じ方は人それぞれも…バジルとはっきりわかる存在感がチェリーの優しさと融合されてない印象で、バジルがもっと控えめだと飲みやすさやとの融合さも含め良い塩梅になったのでは?と勝手に妄想😅。いつも大人気のバテレさんのビールですが、缶でも購入出来なかったビア仲間が多い様です。気になってる方でもし見つけた際には…ラッキーかも!?😄

はい、という事で今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)』さんから「Christmas 2022 Sour IPA(クリスマス2022 サワーIPA)」をご紹介しました。バジルの後追いがしっかり感じれるサワーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る