北海道NORTH ISLAND(ノースアイランド)限定醸造「Mango Hop Juice(マンゴーホップジュース)」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、GW期間中にあちこちで飲みまくろうと計画してるビアっぷる。
今回はタイミングが合わずなかなか飲めてなかった、
ノースアイランドさんのMango Hop Juice(マンゴーホップジュース)を
樽で飲んでみましたので紹介したいと思います。

ビール名:Mango Hop Juice(マンゴーホップジュース)
ブルワリー名:NORTH ISLAND(ノースアイランド)
スタイル:ウィートエール
アルコール度数:4.5%

「Mango Hop Juice(マンゴーホップジュース)」の画像はコチラ。


色は凄く鮮やかなオレンジで香りも華やかさがありジューシー感満載。
飲み口は、甘さを期待してしまったが甘味がほぼなく、
マンゴー感も感じるものの飲みやすいのだが水っぽく、
ビールというよりは甘味のないジュースっぽい。
また、苦みがややある為にビアっぷるの好みではなかった…
マンゴーの甘味が加われば間違いなくビアっぷるの好みですね^^;

因みにこのビールのスタイルは『ウィートエール』との事で
てっきり今はやりのニューイングランドIPAかと思ってましたが、
色や香りからニューイングランドIPAに近づけた
ウィートエールという事なのかな?(^^ゞ

そういえば、最近ノースアイランドさんの最近の限定醸造ビールは
ホップ感満載の苦いビールが出てこなくなったのは気のせいかな!?
それともたまたまビアっぷるが飲んでないだけかな!?
このブログで紹介したBelgian Stout(ベルジャンスタウト)
スタイルが違うから何ともだが苦みが少なくノースさんらしくないな!?って…^^;

クラフトビールを飲み始めた当時は、
・志賀のIPA
・ノースのIPA
・あくらのキィウィIPA(現なまはげIPA!?)
この3銘柄はホントIPA好きにはたまらないビールとして、
ビア仲間の大半は頼んでました。その1つがノースさんのIPA…
いやぁ、苦い。1口だけでもホント苦かった…
まぁ、それがノースアイランドさんの特徴でもありますがwww
その苦さはこの今後も貫き通して欲しいですね~
はい、ビアっぷるはこの先もノースさんのIPAは飲めないと思いますが^^;

話は戻して、今回のMango Hop Juice(マンゴーホップジュース)は
IPAとは雲泥の差で苦みのレベルは違い、やや苦いという感じ。
皆さんもタイミングが合えば是非1度飲んでみてくださいね~

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんか…
  2. 伊勢角屋麦酒(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 先日、このブログで紹介した東京の八重洲にできた『伊…
  3. 秋田あくらビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、秋田県秋田市にある『秋田あくらビール』さん…
  4. 京都醸造(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は滅多に飲まないブルワリーさんのコラボビールが…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今週水曜に深海晶(しんかいあきら)こと新垣…
ページ上部へ戻る