【神奈川】南横浜ビール研究所:「メロンすぎるエール2023ver.」を飲んでみました~

南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビール研究所』さんから「Too Much Melon Ale 2023ver.(メロンすぎるエール2023)」をプラカップですが飲めましたので紹介したいと思います。前回は2022年の10月に飲ませてもらった『New England IPA(ニューイングランドIPA)/ver6.2.4』以来ですね。周りで飲める機会がなくなったのが残念ですが、今回はひょんな事からプラカップは寂しいがそれでもこのビールが飲めると聞いてビア仲間と共に✨。さて、どんな感じでしょうか😄

『南横浜ビール研究所』Too Much Melon Ale 2023ver.(メロンすぎるエール2023) 詳細

ビール名:Too Much Melon Ale 2023ver.(メロンすぎるエール2023)
ブルワリー名:南横浜ビール研究所
ビアスタイル:フルーツエール
アルコール度数:4.0%
IBU:6
URL:南横浜ビール研究所
facebook:南横浜ビール研究所

コチラがその「Too Much Melon Ale 2023ver.(メロンすぎるエール2023)」のビール画像です。

南横浜ビール研究所(メロンすぎるエール 2023ver.)_placup01

「Too Much Melon Ale 2023ver.(メロンすぎるエール2023)」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのあるややクリアーめな薄黄緑色
香りは、華やかでしっかりしたリアルメロンさ
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで持続性はなし。また求めてる甘さよりやや加糖っぽさ。そしてメロンの華やかフレーバーと、ジューシーさは感じないが控えめで適度な甘さ加減と炭酸具合で上品なクリームソーダを思わせる味わい。温度上昇でメロンさは弱くなるが、優しい余韻が残りつつ最後はビールとしてまとまる好印象。ボディはライトで飲みやすく飲み応えもあり。ビアっぷるの好みな方のビールでした✨

パワーアップしたメロンビール

この「Too Much Melon Ale 2023ver.(メロンすぎるエール2023)」ですが、2020年の夏に現地にて飲ませてもらった『メロンすぎるエール2020』以来でとても楽しみにしていました✨。今回は冒頭に記載した様に偶然飲めましたので、2020ver.と比べたいとお思います。アルコール度数が0.5%下がっており、ホップ等の詳細及び原材料等などバージョンは一切わからず😅。ただ、明らかにビール自体のベース感に全体的なバランスが進化し、新バージョンはジュースには満たない“大人なメロンクリームソーダビール”という感じ😍。おそらく甘さは加糖な感じ+やや炭酸が弱めに感じだが、甘さ加減とメロン(濃縮果汁かな!?)さとの絶妙なバランスに炭酸具合からクリームソーダをイメージできた。そして忘れてはいけないビール🍺をしっかり感じさせるまとまりもさすが。やはり樽(ドラフト)で飲みたいと改めて実感…凄く勉強になっていたブログを更新されてないのは寂しい限りだが、ビール変態さん(褒め言葉です)は探究心旺盛な方。また、タイミングが合えば現地へお邪魔し様々なビール(ドラフト)を飲ませて頂きたいなと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビール研究所』さんから「Too Much Melon Ale 2023ver.(メロンすぎるエール2023)」をご紹介しました。大人なメロンクリームソーダビール🍺✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. しろすずめ(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、香川県は高松市にある『Shiros…
  2. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市の『NARA BREW…
  3. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、アメリカはマサチューセッツ州の『T…
ページ上部へ戻る