【秋田】ブリュッコリー:「ダヴテイルジョイント」をボトルで飲んでみました~

ブリュッコリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログ初登場となります。秋田県は秋田市にある『Brewccoly(ブリュッコリー)』さんから「Dovetail Joint(ダヴテイルジョイント)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。以前から気になってたブルワリーさんですが樽(ドラフト)で探すも中々見つからない…そんな中、ボトルで飲む確率が高くなった今、偶然見つけて購入できました。さてどんな感じでしょうか😄

ブリュッコリー(トップイメージ)_01

『Brewccoly(ブリュッコリー)』Dovetail Joint(ダヴテイルジョイント) 詳細

ビール名:Dovetail Joint(ダヴテイルジョイント)
ブルワリー名:Brewccoly(ブリュッコリー)
ビアスタイル:Pale Ale(ペールエール)
アルコール度数:5.0%
IBU:???
facebook:Brewccoly(ブリュッコリー)

こちらがその「Dovetail Joint(ダヴテイルジョイント)」のビール画像です。

ブリュッコリー(ダヴテイルジョイント)_ボトル01
ブリュッコリー(ダヴテイルジョイント)_ボトル02

Dovetail Joint(ダヴテイルジョイント)」飲み応えレビュー

見た目は、泡がしっかりで薄濁りなブラウン系という感じでしょうか
香りは、ハーブっぽい?感じの爽やかさがかなり落ち着きます
飲み口は、ホップの苦味がやや強めで持続性も舌奥や喉奥で残るがビアっぷる的には許容範囲内。また求めてる甘さはないかな。そして心地よいハーブ?ウッディ?っぽさに浸りながらの後追いでホップフレーバーのからの、ホップの苦味が後追いでやってくる。飲み後には甘さがないが、余韻で感じるこのハーブっぽい優しさがたまらなく落ち着く。ボディはライトで飲み応えもしっかりあり、飲みやすい。そして何よりビールバランスも素晴らしく、ビール自体の造り自体も含めビアっぷるは凄く好みな🍺でした✨

心地よく落ち着く原材料の正体は…

この「Dovetail Joint(ダヴテイルジョイント)」ですが、探せど詳細がどこにも見当たらない。探して分かる範囲で記載しますが、ラベルからはホップの種類はわからず原材料にアイリッシュモスを使い醸造されたペールエール。また、間違ってたら申し訳ないが、更に調べると…以前にリリースされたという秋田杉を使った『Wappa IPA(ワッパIPA)』のペールエールver.の様です。なるほど…レビューにてハーブっぽさやウッディっぽさな感じは、秋田杉由来の香りだったのですね!いやはやハーブとも思ってしまったが、これはご愛嬌という事で😅。しかし杉の存在が出すぎず、心を落ち着かせる絶妙な塩梅がGOOでした。ふと思い出したが、杉系🍺で好みなのは、Kakegawa Farm Brewingさんの『“TENRYU SUGI”トリプル』や『万祝(まいわい)/杉トリプル』とかなり古くなるが、かなりインパクトが強く好みでした。それに匹敵する好みさで🍺もしっかりされてるし、とても2018年に出来たマイクロブルワリーさんとは思えないレベル。自社のオンラインショップがなさそうなのは残念ですが、最初に飲む🍺が当たりだと是非機会があれば樽(ドラフト)で飲んでみたい!そして他のビアスタイルも是非飲んでみたい!と思うビアっぷるでした😄✨

はい、という事で今回は、秋田県は秋田市にある秋田県は秋田市にある『Brewccoly(ブリュッコリー)』さんから「Dovetail Joint(ダヴテイルジョイント)」をご紹介しました。あ、ブルワリー名は、🍺+野菜のブロッコリーでブリュッコリーさんだそうです!皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る