『Kakegawa Farm Brewing』から限定醸造の「“TENRYU SUGI”トリプル」を樽で飲みました〜

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、ビアっぷるの好みが多い『Kakegawa Farm Brewing』さんから
限定醸造の「“TENRYU SUGI”トリプル」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。
しかし、ビールに天竜杉を使ってるのですが…木×ビール!?…半信半疑なビアっぷるです^^;

ビール名:“TENRYU SUGI”トリプル
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
スタイル:ベルジャントリペル
アルコール度数:8.5%
facebook:Kakegawa Farm Brewing

こちらがその「“TENRYU SUGI”トリプル」のビール画像です。
掛川ブルーイング(TENRYU SUGI トリペル))
見た目は透き通った綺麗な黄金色でした。
香りは天然杉というだけに杉の香りが心地よく感じ嫌味がないですね。
飲み口は杉感が強過ぎず程よい香りが鼻から抜け、甘味もアルコール度数の高さも加わり大人の甘味を感じて凄く良い。
なのにさっぱり飲めるのでいくらでもいけそうだがアルコール度数8.5%だけに気をつけないと自爆するパターン間違いなし(笑)
更に温度が上がるとより杉感がより際立って出るので二度楽しめて嬉しいビールですね~
一見、杉とビールって合わなそうなイメージでしたがビールバランスでもうまくカバーされており、
はい、いつも期待を裏切らない『Kakegawa Farm Brewing』さんのこのビールはビアっぷるの好みです!(´∀`)

しかし、この「“TENRYU SUGI”トリプル」ですが浜松市の樹齢100年の天竜杉を使って香りづけした様です。
が、オーク樽に入れてウイスキー感を付けるのと同様にオーク樽に入れた等の説明もないという事は…
単純にビールの中に樹齢100年の天竜杉の“木片”をポイと樽の中に投げ込んだという事なのかな??(@_@)
やり方はそれしか思い浮かばなかったビアっぷるですが、仮に木片をビールに入れても
ここまで香りが付きながらこのビールとのバランスを考えるとこれはこれで素晴らしい。

突如ビア仲間が『杉を入れなくても美味しいのでは?』という事も言葉にしてましたが、
確かに美味しいんですよ!美味しいのですがそれだけではシンプル過ぎてビールの特徴が…
というツッコミを入れさせてもらいましたけどね(´▽`)
はい、これで益々ビアっぷるは『Kakegawa Farm Brewing』さんの限定醸造ビールが出る度、
好みというレッテルが貼られハードルがどんどん上がっていってるのは間違いない。
次回はどんなビールが出てくるかカケガワさん、楽しみにしてますよ!!

はい、という事で今回は『Kakegawa Farm Brewing』から限定醸造の「“TENRYU SUGI”トリプル」を樽で飲みました。
アルコール度数8.5%ですので皆さん機会があればお気を付けてお飲みくださいませ~

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る