【長野】anglo japanese Brewing:「Piro’s Dream」を樽で飲んでみました~

anglo japanese brewing(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『AJB(anglo japanese Brewing)』さんから、「Piro’s Dream(ピロズドリーム)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。最近流行ってるのか!?と、前回ご紹介した一騎醸造さんの『一騎ヘレス』は好みな方でしたが、ヘレスを醸造するところが多く感じるのは単なる気の所為でしょうか?という事でAJBさんも期待してます( ´∀`)

anglo japanese brewing(ピロズドリーム)_イメージ01

『AJB(anglo japanese Brewing)』Piro’s Dream(ピロズドリーム) 詳細

ビール名:Piro’s Dream(ピロズドリーム)
ブルワリー名:AJB(anglo japanese Brewing)
スタイル:ヘレス
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:AJB(anglo japanese Brewing)
facebook:AJB(anglo japanese Brewing)

こちらが、その「Piro’s Dream(ピロズドリーム)」のビール画像です。

anglo japanese brewing(ピロズドリーム)_01

Piro’s Dream(ピロズドリーム)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーな黄金色という感じですね
香りは、モルトの風味かコレはかなり好みですね!
飲み口は、ホップの苦味は喉奥でも残るほどで持続性もあるかな。また、求めてる甘さはなくモルトの感じはいいなぁ~とも思うが、想定外に“水っぽい”のが残念。ボディはライトで飲み応えが物足りず、奥深さも物足りず。ビールバランスもヘレスって…と気になり、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

ブルワーさん熱望のヘレス!

この「Piro’s Dream(ピロズドリーム)」ですが、ブルワーのピロさんが熱望して醸造されたヘレスの様ですね。ええ“ピロさん”って言うからてっきり外人のブルワーさんと思いきや、日本人でしたwww。そして残念ながらビール詳細がなく、使用されたホップはわからずでしたがビールコメントには、『モルトの風味を生かした味わいとコクのある甘みが特徴』との事ですが、モルトの風味はしっかり感じれましたが、“コク”と“甘み”はほとんど感じなかった。最近飲んだ『一騎ヘレス』の方がコクと甘みも感じれた上に苦味が控えめで良かったな(^_^;)

“造りたい”と“売れる”のマッチが理想

まぁ、人の舌は十人十色ですし自身が熱望して醸造されたビールという事なら思い入れも強く、試行錯誤されて醸造されたでしょうし、コレが自身の“理想のビール”だった尚良しという感じですね。後は“造りたいビール”と“売れるビール”がうまくマッチしてると注文が多くなるでしょうし、その後第二弾、第三弾と続く様であれば大成功ですね!このセレスが再度醸造されたら、きっと更にパワーアップするでしょうし再度飲んでみたいと思っています( ´∀`)。

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『AJB(anglo japanese Brewing)』さんから、「Piro’s Dream(ピロズドリーム)」をご紹介しました。ブルワーさんが拘って熱望されたセレス、皆さんも機会あれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る