【静岡】Kakegawa Farm Brewing:「CHEMICAL GIRL(ケミカルガール)」を樽で飲んでみました〜

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、前回紹介させてもらった『CHEMICAL BOY(ケミカルボーイ)』の兄弟的なビールとなる、『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから限定醸造の「CHEMICAL GIRL(ケミカルガール)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。はい、こちらもサワー系ですが何より見た目がかなり際どくインパクトのあるビールで味わいは半信半疑のビアっぷるです^^;

ビール名:CHEMICAL GIRL(ケミカルガール)
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
ビアスタイル:サワーエール
アルコール度数:4.0%
facebook:Kakegawa Farm Brewing

こちらが「CHEMICAL GIRL(ケミカルガール)」のビール画像です。

カケガワファームブルーイング(ケミカルガール)

見た目は一瞬止まりましたが独特でエメラルドブルーが濁った感じですが眺めてると綺麗です^^;
香りはラベンダー感が立っているのだと思うが爽やかさが伝わります。
飲み口は、フラワリーでおそらくラベンダーな感じがふわぁ~と鼻から抜け、その後にはちみつの様な甘さを僅かに感じます。また爽やかな柑橘さがやや後追いしてくるのは何由来でしょうか?。今回もサワーエールだが、奥深い酸味のベース差を感じてしっくりくるビール感。スッキリさっぱりで飲み応えはもう少し欲しいが、飲みやすくビアっぷるの好みではあるが…どちらかというと前回の『CHEMICAL BOY(ケミカルボーイ)』の方が好みかな。

この「CHEMICAL GIRL(ケミカルガール)」ですが、『CHEMICAL BOY(ケミカルボーイ)』と同様カケガワファームさん直営店「ファニーファーム」の周年ビールとして醸造されました。今回はメインにラベンダーを使いはちみつとレモンを使用したサワービールとの事。なるほど…柑橘さはレモン由来でしたか。そんなビールはアルコール度数的に4.0%という事で、食前酒としての飲みやすく感じる方は多い反面、マリアージュを好まないビアっぷるでも一瞬躊躇したこの色味。果たしてこの色味でお食事も…という方はある意味チャレンジャーですね~

また、この様な色を見ると網走ビールさんの“流氷ドラフト”や城端麦酒さんの“グレートブルー”を思い出す。因みにビアっぷるは両方好みではないので今回の色味から懸念をしていましたが…想像以上に味わいが好みでしたのでビックリ。やはり料理もそうですが、見た目の色味は凄く大切ですしその色味から想像して味わいが好みだと好感度は倍増すると思うのはビアっぷるだけでしょうか?。カケガワファームさんと言えば、以前にも紹介させてもらった“天竜杉を使ったビール”といい、“メロックス”といい“ウイスキーリミテッド”といい、過去ビアっぷるがこのブログで紹介した中ではハズレがほぼなしという極めて好みの狭いビアっぷるには信じられない程の好みな確率が高いwww。醸造の技術もそうですがセンスも素晴らしいと思っているビアっぷるです。

はい、という事で今回は『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから「CHEMICAL GIRL(ケミカルガール)」を紹介しました。皆さん飲まれる際には是非、「CHEMICAL BOY(ケミカルボーイ)」もセットで飲めるとより楽しめると思いますよ~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. トリリウムブリューイング(ロゴ)_02new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回はこのブログで初登場ですが、アメリカは…
  2. 日ノモトブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場のブルワリーさん…
  3. ファーム&サイダリー カネシゲ(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場のブサイダリー兼…
ページ上部へ戻る