『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』から「万祝(まいわい)(杉トリプル)」を樽で飲んでみました~

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は静岡県掛川市にある『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんより、限定醸造の「万祝(まいわい)(杉トリプル)」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。待ってました!とばかりの、“杉”を使ったハイアルコールビールですね~。“杉”と言えば前回の『“TENRYU SUGI”トリプル』が凄く好みでしたが、今回は掛川産の杉を使ったとの事でどんな感じでしょうか( ´∀`)

ビール名:万祝(まいわい)(杉トリプル)
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
ビアスタイル:ベルジャントリプル
アルコール度数:9.0%
facebook:Kakegawa Farm Brewing

コチラがその「万祝(まいわい)(杉トリプル)」のビール画像です。

kakegawa farm brewing(万祝(まいわい))

見た目は、綺麗でクリアな琥珀色寄り。
香りは、正に“杉”を感じる優しい感じが心地よい。
飲み口は、フルーティーさを持ちながら“杉”の香りがふんわり深みのある優しさを感じる。苦味はほぼ感じず求めてた甘さもある。また、ハイアルコールビールらしいアルコール感を少し感じながらライトで飲みやすく、これがアルコール度数9%は危険なビール。ビアっぷるは凄く好みなビールでした( ´∀`)

はい、この「万祝(まいわい)(杉トリプル)」ですが、

『掛川市の掛川杉を使って香り付けベルジャントリプルビール。杉の香りとモルト、イーストのこうばしい香りとフルーティーな香りがありながら、ほのかに甘みのある飲み口の後、鼻に抜ける心地よい杉の香りを感じながら後味に軽く苦味があります』

との事ですが、ホント説明通りと言っても過言ではないその通りのビールでした。以前の“天竜杉”を使ったビールやウィスキーリミテッドなどなど、ビアっぷる的にはこれぞKakegawa Farm Brewingさん!って感じのビールですね~

因みに「万祝(まいわい)(杉トリプル)」は即完売とビアっぷると同じ感覚を持たれたビアバーの方は多いのでしょうか?(^^ゞ
その他facebookには、新作ビールを記載されており、
・カケガワ茶エール(緑茶エール/アルコール度数5.5%)
も気になるなぁ…これはどこかのビアバーで飲めるなら飲んでみたいですね!

あ、そういえばカケガワさんが主となっている!?『第3回 掛川クラフトビールフェスタ2019』が2019年6月2日(日)に開催されるようですね。参加ブルワリーさんが思ったより少ないので参加はしないビアっぷるですが、ご興味やタイミングが合う方は是非参加してみてはいかがでしょうか( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県掛川市にある『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんより、限定醸造の「万祝(まいわい)(杉トリプル)」を紹介しました。ビアっぷるは凄く好みでしたが、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール(限定醸造)に、ビアイベント、ブルワリーの情報を紹介しております。もしご興味があれば是非そちらもみてください(^^)

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る