【和歌山】ノムクラフトブリューイング:「イージーピージーサワー」を樽で飲んでみました~

ノムクラフト(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんから「Easy Peasy Sour(イージーピージーサワー)」を樽(ドラフト)で飲みましたでご紹介したいと思います。前回は『Onward(オンワード)』でしたが、前ヘッドブルワー最後のレシピだったビールでしたが、今回は新ヘッドブルワーさん醸造の疑似サワー…さて、どんな感じでしょうか😄

ノムクラフト(イージーピージーサワー)_イメージ01

『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』Easy Peasy Sour(イージーピージーサワー) 詳細

ビール名:Easy Peasy Sour(イージーピージーサワー)
ブルワリー名:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
ビアスタイル: Psedudo Sour(疑似サワー)
アルコール度数:5.0%
IBU:6
URL:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
facebook:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)

コチラがその「Easy Peasy Sour(イージーピージーサワー)」のビール画像です。

ノムクラフト(イージーピージーサワー)_01

「Easy Peasy Sour(イージーピージーサワー)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りな深い山吹色という感じでしょうか
香りは、優しめなパッションフルーツとレモンっぽい感じも
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで持続性は舌奥でサッと残る程度。また求めてる甘さはない。そしえマンゴーからパッションフルーツの味と酸味、飲み後には甘さが微ありレモン由来のエグみが微残る感じ。ボディはライトでやや薄く感じたり感じなかったりと絶妙なライン。飲み応えもあり滑らかな口当たりで飲みやすいが、残念ながら好みには至りませんでした💦

敢えての“疑似サワー”が面白い

この「Easy Peasy Sour(イージーピージーサワー)」ですが、ホップはエキノックスのみかな。酵母は“Lutra Kveik”で、その他原材料にはマンゴーピューレにパイナップルピューレ、パッションフルーツに地元有田産のレモンにラクトースを加え醸造されたPsedudo Sour(疑似サワー)ですね。そもそもビアスタイルが“疑似サワー”なのですが、『乳酸菌を使わずサワーリング作用のない酵母を使用』し、各々のフルーツとフルーツ由来の酸味で造られた“疑似サワー”との事。いやはや面白いなと思ったのが、今まで通りサワーを作らず敢えて“疑似を造る”に焦点えを当ててるところに試行錯誤を感じれます。また、味に関して好みは人どれぞれですが、ボディ感が言葉は悪いが想定した以上にあり、サワーを思わせる酸味感も後もう一歩!のところまで感じました。一口一口飲む毎に、気づけば楽しみが増してましたし、2バッチ目がもしリリースされるなら再度飲ませて頂きたいと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんから「Easy Peasy Sour(イージーピージーサワー)」をご紹介しました。サワーに近いサワー🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る