【長野】南信州ビール:「りんご3兄弟/2022ver.」を樽で飲んでみました~

南信州ビール_ロゴ01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は上伊那郡にある『Minami Shinsyu Beer(南信州ビール)』さんから、アップルホップシリーズの「りんご3兄弟/2022ver.」を樽(ドラフト)で飲んだのでご紹介したいと思います。前回は『Alps Weizen(アルプスヴァイツェン)』でしたが、南信州ビールさんと言えば!…アップルホップのビアっぷるですが、偶然飲めた“りんご3兄弟”ver.✨。久しぶりです😄

南信州ビール_イメージ01NEW

『Minami Shinsyu Beer(南信州ビール)』りんご3兄弟/2022ver. 詳細

ビール名:アップルホップ(りんご3兄弟/2022ver.)
ブルワリー:Minami Shinsyu Beer(南信州ビール)
ビアスタイル:フルーツビール
アルコール度数:6.5%
IBU:???
URL:Minami Shinsyu Beer(南信州ビール)
facebook:Minami Shinsyu Beer(南信州ビール)

コチラがその「アップルホップ(りんご3兄弟/2022ver.)」のビール画像です。

南信州ビール(アップルホップ りんご3兄弟/2022ver.)_01

「りんご3兄弟/2022ver.」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるくすんだ山吹色という感じでしょうか
香りは、りんご3種がブレンドされた感じの程よい酸味と爽やかさが心地よい
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は喉奥で微残る感じかな。また求めてる甘さはない。そして例えが悪いが…ちょい◯着剤の様なフレーバーが気になるがホップかな?😅。また、りんごの爽やかさと味はしっかり感じれるが、甘酸っぱさやジューシーさは控えめで思ったより薄めな印象。ボディはライトで飲みやすさはあるものの、残念ながらビアっぷるの好みには至りませんでした💦

“梨っぽさ”を感じるのは気の所為!?

この「アップルホップ(りんご3兄弟/2022ver.)」ですが、ホップは残念ながらわからず。またその他原材料には、長野県のオリジナル品種で“りんご3兄弟”と呼ばれている、シナノスイートとシナノゴールドに秋映(あきばえ)のりんご果汁🍎を使い醸造されたフルーツビール。あ、予備知識として…5種類のりんごを使った『アップルホップ 5種ブレンド』等もありますよ~✨。さて、今回のビール🍺は、久しぶり+感じ方は人それぞれですが、ジューシーさと甘さが控えめだった反面爽やかさと味はしっかり感じれたかな。ただ、各々のりんごの特徴を考慮しブレンドされたとはいえ以前に比べ薄めに感じ、例えるなら意外に“梨っぽい”!?と思ったのは…ビアっぷるだけでしょうか?😅。今回のバッチはそう思いましたが、次回のバッチがリリースされた際にはまた飲みたいと思うビアっぷる。ただ…やっぱりアップルホップの中では断然『アップルホップ(王林ver.)』が一番好み😍。少し酸味が強い時もあるが、ジューシーで甘酸っぱさが絶妙なバランスなんですよね。コチラもリリースされた際には、必ず飲ませて頂きたいなぁ~と、思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で長野県は上伊那郡にある『Minami Shinsyu Beer(南信州ビール)』さんから「アップルホップ(りんご3兄弟/2022ver.)」をご紹介しました。やや梨っぽさも感じるりんごを使ったフルーツビール🍺。皆さんも飲める機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る