『Kyoto Brewing(京都醸造)×AJB』の限定コラボビール「夜雀(よすずめ)」を樽で飲んでみました~

京都醸造(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は滅多に飲まないブルワリーさんのコラボビールが登場してましたので飲んでみました。京都にあるKyoto Brewing(京都醸造)さんと長野県にあるAnglo Japanese Brewing(AJB)さんがベルジャンバーレーワインというビアスタイルでコラボビールを限定醸造してましたので、「夜雀(よすずめ)」というコラボビールをご紹介したいと思います。まさにビアっぷるが苦手なブルワリーさん同士がコラボする事で新たな味が!?と、期待を込めて飲んでみました~^^;

ビール名:夜雀(よすずめ)
ブルワリー:Kyoto Brewing(京都醸造)×Anglo Japanese Brewing(AJB)
ビアスタイル:ベルジャンバーレーワイン
アルコール度数:9.0%
IBU: 33
URL:Kyoto Brewing(京都醸造)
facebook:Kyoto Brewing(京都醸造)

こちらが、その「夜雀(よすずめ)」のビール画像です。

京都醸造×AJB(夜雀)

見た目ですが、濃い目で茶褐色と程よい濁りがある感じですね。
香りはベルジャン感?モルト感なのかビアっぷる的には予想を反して好みな香り。飲み口は、モルト感がしっかりある。またベルジャン酵母のおかげかアルコール度数9%や、ビール自体の重さがない為にドライで飲みやすい感じ。はい、これはスイスイと飲めるが…ある種、飲み過ぎてしまう危険なビールですね!
苦みはほぼ感じませんでしたし甘さは程よくあり癖になりそうな感じ。温度が上がってもよりモルトの甘さを感じられビアっぷるにはこの2ブルワリーさんのコラボでしたが予想に反して好みな方でしたよ~(^.^)

しかし、この「夜雀(よすずめ)」ですが先ず飲む前にブルワリー名で一旦はスルーしました。何せビアっぷるの苦手な『Kyoto Brewing(京都醸造)×Anglo Japanese Brewing(AJB)のコラボビール』との事ですが、ビアスタイルを見てベルジャンバーレーワイン!?で、且つアルコール度数9%!?…これは飲まないと!という事で、1杯目からパイントで挑戦したのは正解でしたwww

元々人気の京都醸造さんとAJBさんですがビアっぷるが単に苦手な理由が、
京都醸造さんはビール自体が優しいが薄く感じるものが多く好みがかなり少ない。また、AJBさんのビールは全体的にビアっぷるの苦手なモザイクホップを使ったビールが多いのと、苦味が強いので好んで飲まないという理由です。が、間違いなく言えるのはどちらも味はともかくビールのバランスが素晴らしいのは理解してますので味が好みの問題かで両ブルワリーさんを否定をしてる訳ではありませんので悪しからず^^;

今回のビールはどうやらモルトにもかなり拘りを感じられベルジャン酵母を使用し、ホップとのバランスの絶妙さがバランスを極めて引き立てておりとても素晴らしいと感じました。この「夜雀(よすずめ)」を飲んで感じましたが両ブルワリーさんの良さが相乗効果を生んだ事で“薄さ”や“苦味”を感じないビールで、ビアっぷるが飲めるビールに至ったのか?それが非常に嬉しいですね~

コラボをする事でお互いに技術を高め合い新たな境地へ踏み出せる一歩みたいな事。今やコラボビールは凄く増えましたが、ビアバーさんとブルワリーさんのコラボビールも増えましたが、職人と職人の拘りのビールとなるブルワリーさんとブルワリーさんのコラボビールをビアっぷる的には今後も多く飲んでいきたいですね~。そしてこれを機に各々のブルワリーさんのビールを改めて飲んでみようと思いました(´▽`)

はい、という事で今回は京都にある『Kyoto Brewing(京都醸造)』と長野県にある『Anglo Japanese Brewing(AJB)』の限定コラボビール「夜雀(よすずめ)」を紹介しました。舌は十人十色ですので皆さんも自身の舌で確かめて是非このコラボビールを飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビで管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
は、絶対大切な事だと思っております。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多くビールにも色々な種類や味があるという事と、日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえる様お伝えできればと思っています。因みに企業ではなく、素人のブログですので文章力はともかく内容がおかしい場合はできる限り温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は『JAPAN BREWERS CUP…
  2. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、「JAPAN BREWERS…
  3. Two Rabbits Brewin ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、滋賀県は近江八幡市の『Two Ra…
  4. うちゅうブルーイング(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、山梨県は北杜市にある大人気のUCH…
  5. ディスタントショアーズ(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都は東村山市にある『Dista…
ページ上部へ戻る