『新垣結衣 × 松田龍平』の日テレドラマ「獣になれない私たち(けもなれ)」全クラフトビールのまとめ

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今週水曜に深海晶(しんかいあきら)こと新垣結衣さんと根本恒星(ねもとこうせい)こと松田龍平さんが出演した『獣になれない私たち(けもなれ)』が最終回を迎えてしまいました。ドラマの内容に賛否両論はあると思いますが、ビアっぷる的にはドラマの内容は非常に面白かったです。また、クラフトビールを多数紹介して頂きクラフトビールマニアとしては嬉しい限りでした(´▽`)

そんな中、“けもなれ”で少しでも認知されたクラフトビールがより多くの方に知ってもらうべく、今回はその第1話から最終回まで『5tap』等々で登場したクラフトビールのまとめとして改めて紹介したいと思います。因みにビールが被っても記載しておりますので悪しからず^^;

第1話
・レアード(ペールエール) → ベアードビール(静岡県)
・しかとら(セゾン) → うしとらブルワリー(栃木県)
・京都みのる(IPA) → 箕面ビール(大阪府)
・志賀草原(ポーター) → 志賀高原ビール(長野県)
・太平洋倶楽部(ヴァイツェン) → 日本海倶楽部(石川県)
・馨和KAGUAのRouge Special Edition → Far Yeast Brewing(東京)
現在、2つめの『うしとらブルワリー』さんがパロられたはずの“しかとらセゾン”がリアルに醸造されておりまして、ビアバーによっては繋がってるところもありますのでもし飲んでみたければ是非ビアバーへ!!
因みにビアっぷるはまだ飲んでませんよ^^;

第2話
・いせまるや(ブラウンエール) → 伊勢角屋麦酒(三重県)
伊勢角屋麦酒さんは先日ビアっぷるは東京八重洲のお店に行ってきましたよ~

第3話
・ロロビア(サワーセゾン) → ロコビア(千葉県)
・薬茶山ビール(復?エール) → やくらいビール(宮城県)
・インサイダー(IPA) → アウトサイダーブルーイング(山梨県)
・伊勢丸屋(ブラウンエール) → 伊勢角屋麦酒(三重県)
・大?Gビール(バーレーワイン) → 大山Gビール(鳥取県)
この5種類は『5tap』にて繋がってタップの銘柄を見て記載しましたが、
見えるところ見えないところがありブルワリー名の文字を非常に手こずったので大変だったな^^;

第4話
・湘南酒造(ピルスナー) → 湘南ビール(神奈川県)
・みのわ(W-IPA) → 箕面ビール(大阪府)
・だいさんGビール(バーレーワイン) → 大山Gビール(鳥取県)
ここでは湘南ビールさんが出てきましたが神奈川県でも有名なブルワリーさん。毎年『熊澤酒造オクトーバーフェスト』を開催してまして湘南ビールファンにはたまらないビアイベント。皆さんも機会があったら来年になりますが是非参加してみて下さいね~

第5話
・サンクスガーレン(アンバーエール) → サンクトガーレン(神奈川県)
サンクトガーレンさんは『エル・ディアブロ』&『ウン・アンヘル』というビアスタイルはバーレーワインになりますが、毎年ボジョレーヌーボーと同時解禁をしているビールは有名ですよ~

第6話
・薬茶山ビール(復?エール) → やくらいビール(宮城県)
・湘南酒造(ピルスナー) → 湘南ビール(神奈川県)
・北信州ビールのアップルホップ → 南信州ビール(アップルホップ)
その他、ブリュードッグさんの『PUNK IPA(パンクIPA)』も登場しました。
因みに、3番目のこのアップルホップに関してはリンゴの種類で味が変わりますのでビアマニアとしては大切な事なのですが、結局どのアップルホップかはわからないのはもやもやします><

第7話
・忽布富良野(ラガー) → 忽布古丹醸造(北海道)
の他にYYGさんの『ミッドナイトスタウト』やヤッホーブルーイングさんの
『金曜日のネコ(水曜日のネコ)』が登場しましたね。忽布古丹醸造さんはブルワリーが立ち上がって間もないがビール免許と発泡酒免許両方を取得し、
醸造量が半端なく多いので今後どんどん見かけることが多くなるブルワリーさんだと思いますよ~

第8話
・岩手ビール(ゴールデンエール) → いわて蔵ビール(岩手県)
・宮崎ビール(月のダークラガー) → ひでじビール(宮崎県)
・富士桃高原(ラオホ) → 富士桜高原(山梨県)
世界一になったビール『栗黒』を醸造する『ひでじビール』さんが出ましたが、 栗黒まさかのダークラガーが登場したのは意外だなぁ思った回でした^^;

第9話
・ナインテイルドキャッツ → 那須高原ビール(栃木県)
・スワンブルーイング(アンバーエール) → スワンレイク(新潟県)
那須高原さんのナインテイルドフォックスは毎年醸造されてますがビアスタイルはバーレーワイン。且つヴィンテージな物は更にアルコール感に加え甘さやまろやかさも加わります。ちょっと他のビールに比べれば熟成期間が込み込みなので料金は少々高くなりますが是非お試しあれ!

第10話(最終回)
・のぼりべつ醸造(銀鬼IPA) → のぼりべつ地ビール鬼伝説(北海道)
そして最後に深海晶(しんかいあきら)こと新垣結衣さんと根本恒星(ねもとこうせい)こと松田龍平さんが訪れた、ビール工場は1話と9話で登場した那須高原ビールさんの『ナインテイルドキャッツ(ナインテイルドフォックス)』の醸造箇所となる工場が出たのはびっくりしました。ビアっぷる的には『のぼりべつ地ビール鬼伝説』さんのビールは全体的にビアマニアに好まれてますが、特に金鬼ペールエール(ホップが違うverもあり)はかなり評判が良いので、こちらも是非ご賞味あれって感じですね~^^

これで以上かな?勝手ながら一言付け加えてますがビールで記載漏れや補足が必要だったらごめんないさい(>_<)

いやぁ、しかしこうやって見てみるとかなりのクラフトビールが登場してくれましたね!!ビアっぷるが好みの『奥入瀬ブルワリー(青森県)』さんや『Kakegawa Farm Brewing(静岡県)』さんは登場しませんでしたが、南信州さんのアップルホップが登場した時は異常なくらいアップルホップを飲んでましたので、登場した時はいくらでも語れると思いましたがあれでも控えめに紹介したつもりでしたが…^^;

そんなこんなで皆さんにご提案ですが以前にもご紹介した、来年1月に大きなビアイベントが開催されます。
JAPAN BREWERS CUP 2019(ジャパンブリュワーズカップ)』という神奈川県横浜市の『横浜大さん橋ホール』にて2019年1月25日(金)、26日(土)、27日(日)の3日間で上記に登場したブルワリーさんの他、これだけのクラフトビールがあるんだぞ~と思えるほどのブルワリーさんが、老舗ブルワリーからマイクロブルワリー、そして海外からとたくさん出店されます。もしクラフトビールに目覚めた、興味を持った方は是非参加してみてはいかがでしょうか?

ではでは、今回はここまでにしたいと思いますが最後に!続編で『けもなれ2』をテレビか映画となる事を期待したいビアっぷるでした。そして機会があれば、毎日クラフトビール情報を更新してる『ビアナビ』も見に来てくださいね~(´▽`)

それではまた〜

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 待ってましたよ…今年も販売して頂けますかサ…
  2. タカシヤマクラフトビール祭り2019(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 さて、今回はもう来週に迫った感じですがビア…
  3. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、先日発売されたヤッホーブルーイング…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京は銀座でOPENした“クラフト…
  5. 宮崎ひでじビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮崎県は延岡市にある『ひでじビール…
ページ上部へ戻る