『RISE & WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)』より「Bread of the Dead」を樽で飲んでみました~

RISE & WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は久しぶりの登場となりますが、徳島県の 『RISE & WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)』さんより限定醸造のコラボビール「Bread of the Dead」を樽で飲んだので紹介したいと思います。このビールは海外と日本のビアジャッジの方とのコラボビールとの事ですが、果たしてどんな味になってるか興味津々です^^

ビール名:Bread of the Dead
ブルワリー名:RISE & WIN Brewing co.(ライズアンドウィン ブルーイング)
ビアスタイル:スパイスエール?
アルコール度数:??
IBU:??
URL:RISE & WIN Brewing co.(ライズアンドウィン ブルーイング)
facebook:RISE & WIN Brewing co.(ライズアンドウィン ブルーイング)

こちらが、その「Bread of the Dead」のビール画像です。

Rise&Win(Bread of the dead)

見た目ですが、濃い目の茶褐色ですが光加減により透け感もありました。
香りは“酸味”らしき香りを凄く感じるのは気のせいか!?
飲み口は、ビアっぷるにはそう思ったのだが漬物の“タクアン”を感じる…
また、酸味が強く甘さも苦みもないのだがこれはかなり微妙な味。廃棄される材料を使用した様で食材を大切にするのはとても良い事だが、ビール自体が…これは明らかにビアっぷるの好みではありませんでした><

この「Bread of the Dead」ですが、メキシコのビアジャッジ&ブルワーさんと、日本のビアジャッジの方で誕生したコラボビールの様ですね。原材料には『廃棄されるパンの耳と麦を糖化してメキシコ産ドライチリにオレンジのドライフラワー』を使用したとの事だが…人の舌は十人十色だがこれはさすがにビールとして…という気持ち。ビアっぷるの舌はおかしいのか?と、かなり悩まさせられるビール。これに関しては敢えてツッコまない様にしたいと思います^^;

またアルコール度数やIBU、ビアスタイルも半信半疑な記載で申し訳ございません。『RISE & WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)』さんのPCサイトやfacebookを見てもこのビールの詳細が書かれていないので確実な情報がわからないのです。。。(・_・;)
ビール名でも検索しても出てこないですし、因みにPCサイトは定番ビールのみかな?そしてfacebookには同ビールの説明が少しありましたが、アルコール度数やIBUがなかった様なのでビールの詳細がわからない。ビアっぷるは醸造の事はからっきしだが自身が飲んだビールはどんなビールなのか知りたい。ので調べるのですが、どこかに書いていたら本当に申し訳なく思いますが、限定醸造系はホームページに記載されてない様な気がするが書いてたらごめんないさい><

できれば自身が造ったビールを世の方に知ってもらうべくビール説明や、
アルコール度数やIBU、原材料などなるべく詳細は伝えることは凄く大切だと思います。大半のブルワリーさんがビールの詳細を書いてると思いますし、
例で挙げるとY.MARKET BREWINGさんや、奈良醸造さん等の様に1つ1つビールを紹介されてると飲み手としても非常にわかりやすく嬉しいですね~(´▽`)
という事でこのブログを見た方には詳細がわかり次第、更新という形を取らせてくださいませ。

はい、という事で今回は徳島県の 『RISE & WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)』さんより限定醸造のコラボビール「Bread of the Dead」を紹介しました。舌は十人十色ですので皆さんも自身の舌で確かめてみて下さいね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
  2. 常陸野ネストビール(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、もうクラフトビール業界では有名過ぎ…
  3. 秩父麦酒(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒…
  4. 浜松クラフトビアフェス2019 in ソラモ(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  はい、今回で第2回目となる『浜松…
  5. T.Y.HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバー・ブルワリー)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都品川区にある『T.Y.HAR…
ページ上部へ戻る