『新垣結衣 × 松田龍平』の日テレドラマ「獣になれない私たち(けもなれ)」第4話のクラフトビールは!?

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は第4話となる「獣になれない私たち(けもなれ)」ですが皆さん楽しめましたか?4話にもなれば内容が徐々に頭に入ってくるのはいいが…展開的にムカつく場面もあったビアっぷる^^;
これは素直にビールの事だけを考えたいと思いますwww

という事で、深海晶(しんかいあきら)こと新垣結衣さんと、根本恒星(ねもとこうせい)こと松田龍平さんが知り合ったビアバー『5tap』にて登場したクラフトビールを紹介したいと思います。

先ず、以前にも既に登場している『インサイダーのIPA(アウトサイダーブルーイング)』が登場しましたね。今回もグラスに入ったところが出てきましたが、珍しく!?見た目でも“泡”がしっかりとありましたね!世間から“泡がない”とツッコまれたので遂に“泡”が登場した感じでしょうか(^^;)
しかーし!、ビールと泡の配合は素晴らしかったができればIPAは泡はなし、若しくはもう少し減らした方がよいかな?ヴァイツェンなら泡は是非欲しいところですがIPAならビアっぷるには微妙にも感じました。まぁ、お店によって泡の拘りは違いますから何ともではありますが^^;

その後のクラフトビールは、
・湘南酒造(ピルスナー)
・みのわ(W-IPA)
・だいさんGビール(バーレーワイン)

・熊澤酒造の湘南ビール(神奈川県)
・箕面ビール(大阪府)
・大山Gビール(鳥取県)
の3種類だったかな?意外や意外に今回は思ったよりパロディ感がそこまでなく元のブルワリー名をほぼ使った様な感じですね(^^ゞ

また、箕面ビール(みのお)はW-IPAが登場しましたが箕面ビールさんでは1、2位を争うほどの人気のビールで、ビアっぷるは特に好みなのでこれは嬉しかったですね!そして大山Gビールからはバーレーワインが前回に続き登場しましたが、グラスにあの量は入れすぎでビアバーであそこまでの量は出てこないですよwww

はい、そのバーレーワインを飲む深海晶(しんかいあきら)こと新垣結衣さんと、根本恒星(ねもとこうせい)こと松田龍平さんの会話で凄く気になったのが、バーレーワインを香って一言、“いい匂い~”と口にしてましたがクラフトビールでは大半が、“香り”と言いますので今後は“香りに”セリフを変更して欲しいものですね~。そして5tapのマスターが発したワイン風の高アルコールビール”という言葉は出来れば、“ワイン風のハイアルコールビール”と、言って欲しいなぁ~と一人ツッコミをしちゃいましたよ(´ー`)

しかし、どうも1話の様に5種類くらい出てくれないとなんか物足りないビアっぷるはおかしい!?次週第5話にはもっと新たなビールが出ることを期待したいところですね!!という事で今回は「獣になれない私たち(けもなれ)」第4話のクラフトビールを紹介しました。皆さんも近場のビアバーに行って実際のブルワリーさんのビールを飲んでみてはいかがでしょうか?

最後に『ビアナビ』には他にも最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

ではでは、今回はここまで。
それではまた〜

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る