静岡県浜松市にOPENした「OCTAGON BREWING(オクタゴンブルーイング)」が気になる…

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は静岡県浜松市にて2018年1月11日(木)に、
醸造免許が交付されたという、
「OCTAGON BREWING(オクタゴンブルーイング)」
さんが気になり紹介したいと思います。
ビアっぷるは非常に興味津々のブルワリーさん(@_@)

ブルーパブ:OCTAGON BREWING(オクタゴンブルーイング)
住所:静岡県浜松市中区田町315-25
営業時間:日、月、火、木曜は18:00~23:00まで
:金、土曜は17:00~24:00まで
タップ数:10
定休日:水曜日
座席数:41
公式HP:http://octagonbrewing.com/
備考:詳細は公式サイトを確認くださいませ。

という事で、興味をそそられる要因としては…
・運営母体
・オリジナルビール!
の2つ。

先ず、このOCTAGON BREWING(オクタゴンブルーイング)さんは、
静岡県の浜松市中区にあるという『丸八不動産』さんが運営母体と、
不動産屋さんが母体とはちょっと驚きですね。
また「オクタゴン」の意味は八角形という意味があり、
丸八不動産さんの「八」を掛け合わせた感じ?の様です。
因みに代表の方は38歳と若い!!からこそ、
このクラフトビール業界にも興味を持ってくれたのかなぁ?
今後も様々な観点から良いブルワリーさんを目指して欲しいですね^^;

そしてオリジナルビール。

ビール名:Hartside(ハートサイド)
スタイル:ダークアンバー
アルコール度数:5%
IBU:25

ビール名:Oude-Kwaremont(オクデ-クワレモント)
スタイル:ベルジャンホワイト?
アルコール度数:5%
IBU:15

調べてるとこの2つが出てきますね。
残り8タップはどうやらビアっぷるがあまり興味をそそられない
海外ビールの様ですから他は、、、いいかな^^;

また、醸造の方はミュンヘンで醸造の基礎を学んで5年間ビール醸造を学び、
ドイツの国家資格ディプロム ブラウマイスターも取得した様です。
この方ならどんなビールを醸造しどんな味になるのか興味津々で、
この2種類はどんな味か好みのスタイルではないが飲んでみたい。

内装も凄くオシャレで特にビアっぷる的に気になったのはこのタップ。

八角柱のデザインや色が非常に好みでいつか現地に行って直接見たいものです。
まぁ、静岡であれば距離・時間的にそこまで遠くないですし、
マイン・シュロスさんにも寄るというのも前提で、
ここ数年からだが仲良くしてくれてるビア仲間夫妻を誘って、
タイミングが合えば一緒に行ってみたいなwww

という事で、またまた新規ブルワリーができたとの事で
どんどんどんどん増えてくクラフトビール業界。
こうやってビール醸造経験の長い醸造長で、
且つセンスが伴えばちゃんとしたクラフトビールを造ってくれそう。
ビアっぷる的に今後のオクタゴンブルーイングさんが楽しみです!

近郊の皆さんも、これを機会にタイミングが合えば行ってみましょう~
ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約7年
好きなスタイル:ピルスナー
苦手なスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーでも飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか飲まず、缶・ボトルは…好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回はこのブログでは初登場となる超人気のブル…
  2. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は沖縄県那覇市牧志にマチグヮー(市場)発…
  3. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、恒例のビア仲間よりいかにも甘いだろ!!…
  4. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 先日、神奈川県横須賀市にある自然島の『猿島』…
  5. こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、クラフトビール好きのビアっぷるですが、…
ページ上部へ戻る