福岡県北九州市、門司港レトロビールさんの限定醸造「デュンケル ヴァイツェンボック」を樽で飲みました~

門司港レトロビール(ロゴ)_02NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は先日ブログに挙げた呉ビールさんが限定醸造したミュンヘンラガーの時に一緒に飲んだもう1杯で、福岡県北九州市の門司港地ビールさんの限定醸造、「デュンケル ヴァイツェンボック」を紹介したいと思います。

ビール名:デュンケル ヴァイツェンボック
ブルワリー:門司港地ビール
ビアスタイル:デュンケル ヴァイツェンボック
アルコール度数:7.5%

これがビールの画像。

以前に南信州ビールさんもデュンケルヴァイツェンボックを醸造してましたが、それより明るめのブラウンって感じですねー

はい、早速ですが飲んでみましたよ。
香りは、麦芽の香りが立ってる中で甘さを感じました。

味ですが、カラメルの甘味がどっと押し寄せてきて、しっかりどっしりで麦芽の中にスパイシーさを感じるコクと甘味のある感じ。アルコール度数7.5%も後押しし、昔なら間違いなく好みで飛びついたビアっぷるですが、今のビアっぷるにはさすがに重いなぁ…^^;

門司港レトロビールさんの定番スタイルは、

ヴァイツェン(ヘーフェヴァイツェン)
アルコール度数:5.5%

ペールエール(イングリッシュスタイル)
アルコール度数:5.5%

門司港驛ビール(アンバーラガー)
アルコール度数:5.5%

の3つで後は限定醸造ですね。元々、門司港地ビールさんのヴァイツェンはドイツスタイルのヴァイツェンでコクがあり非常に好みな方でした。それに基に今回のデュンケルヴァイツェンボックが限定醸造されたのでしょうね。そういえば、門司港レトロビールさんのfacebookにてフロア1階で長らく使用してきたという「醸造設備がお嫁に行く」との事で、

2月28日(水)~3月9日(金)まで全館改装休業
3月10日(土)~3月15日(木)までは1階のジンギスカンフロア休業

醸造設備も新しく生まれ変わるという事かな!?(@_@)。因みにビアっぷるの行きつけのビアバーさんでは門司港レトロビールさんが稀に繋がりますので飲める可能性があるのは有難い。ただ、濃厚なビールなので今のビアっぷるには量が飲めないが、やはり現地で一度は飲んでみたい門司港レトロビールさん…機会があれば福岡まで旅立ちたいですね。

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  2. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  3. パシフィックブリューイング(パーミット)_ロゴ01
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となります。神奈…
ページ上部へ戻る