神奈川県鎌倉にある『鎌倉ビール』から限定醸造の「鎌倉ピルスナー」を樽で飲みました~

鎌倉ビール(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

先日の『ジャパンブルワーズカップ2019』にてピルスナー部門で47エントリーから堂々の1位を受賞した神奈川県は鎌倉市にある老舗ブルワリーの『鎌倉ビール』さんから限定醸造「鎌倉ピルスナー」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。受賞されてから少し期間が開きましたが、やっと…やっと飲めましたよ。ただ、打ち抜きでギリギリでしたが…^^;

ビール名:鎌倉ピルスナー
ブルワリー名:鎌倉ビール
ビアスタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:鎌倉ビール
facebook:鎌倉ビール

コチラがその「鎌倉ピルスナー」のビール画像です。

鎌倉ビール(鎌倉ピルスナー)

見た目は、打ち抜きで泡多めになってますがクリアでやや茶褐色寄りの綺麗な色でしたよ~
香りは、ボヘミアンスタイル!?と思ったのですが凄く好み。
飲み口は、舌がピリピリするのは気になったが成分的な方の甘さが程よく出てる。また苦味があるのだが、苦手な苦味ではなくすっきりドライで飲みやすいビールでした。やはり気になるボヘミアンスタイルな気もするのだが気のせいか?かなり好みに近いビールでした^^;

はい、この「鎌倉ピルスナー」ですが冒頭にも伝えた通り、ピルスナー部門で1位という素晴らしい成績を収めました。ビアっぷるが今回どうしてもこのピルスナー飲みたかった理由が、1位だからという事もあったがそれを遥かに超えるレア感がありました。このビールは『審査にエントリーする為だけに1バッチだけ醸造され、以降醸造の予定がない』という事を聞きました。偶然飲めるタイミングが、まさか最後の打ち抜きとなりましたが思い出に残る飲むタイミングでしたよ、、、ホント飲めて良かった(^^;)

因みにこの鎌倉ピルスナーを飲む前に鎌倉ビールさんのサイトを拝見してました。綺麗な作りのサイトですが現在記載されてるのが、
・鎌倉ビール 月(アルト/アルコール度数6.0%)
・鎌倉ビール 星(ペールエール/アルコール度数5.5%)
・鎌倉ビール 花(ブラウンエール/アルコール度数5.5%)
・葉山ビール (ビター/アルコール度数5.5%)
・横須賀ビール (ビター/アルコール度数5.5%)
・江の島ビール (江の島ケルシュ/アルコール度数5.5%)

な感じで、OEM等でもかなりのビールを醸造されてる様ですが、何度見てもピルスナーがないんですよね…なので何故なんだろうか?とずっと思ってましたが、先に述べたブルワーズカップ用で醸造したビールという事ならサイトに載ってる訳がないですよね。しかし2019年のあのエントリービールのラインナップから1位というのは素晴らしい結果ですよね!鎌倉ビールさんの底力、恐るべし…(◎_◎;)

実はだいぶ前に鎌倉に行った際、ボトルでアルトとブラウンエールを飲んだ記憶があるのですが、当時は大変申し訳ないが地ビールな感じで古い味だな…と言う印象でした。ところが、鎌倉ビールさんは20年間エール酵母のみを使用したビールを醸造してきたが、一昨年に20周年を迎えた事により新たな試みとしてラガー酵母を昨年から使う様になったようですが、醸造設備の関係でラガー系を醸造するのが困難という事も乗り越え今に至ってる様です。
そんな苦難などを知らずに鎌倉ピルスナーを飲んだビアっぷるでしたが、“地ビールを感じない今風のピルスナー”というイメージでガラッと変わった印象で本当に感動しました。という事は、アルトやペールエール、ブラウンエールも当時の味から変わってるのかな?…という淡い期待をしながら、樽であったら改めて飲んでみようと思いました。

しかし今回1位を受賞した際の審査員は全てブルワーの方ですからね。より醸造の方は自信も付いたでしょうし、今後が楽しみなブルワーさん。って、以降のピルスナー醸造予定がないのはホント残念ですが是非再度醸造してほしいですし、また機会があれば飲みたいビールと思ってます(´▽`)

はい、という事で今回は神奈川県鎌倉にある『鎌倉ビール』さんから限定醸造の
「鎌倉ピルスナー」紹介しました。皆さん、今ある樽を飲んでおかないと次飲めるのはいつになるかわかりません。1位受賞の鎌倉ピルスナーを是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』で最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報など紹介してます。もしご興味があれば是非他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県静岡市の用宗にある『West…
  3. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  4. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログではAJBさんとのコラボ…
  5. COEDO BREWERY(コエドブルワリー) ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場となりますがク…
ページ上部へ戻る