富士桜高原麦酒の地ビールレストラン「シルバンズ」で2018年1月5日(金)~28日(日)まで1,080円で飲み放題を開催!

こんばんは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

2018年も明け早5日過ぎましたが、
本日より富士桜高原麦酒の地ビールレストラン「シルバンズ」にて、
ファンにはたまらない飲み放題イベントが開催されますね!

イベント名:富士桜高原麦酒飲み放題
場所:地ビールレストラン・シルバンズ
期間:2018年1月5日(金)~1月28日(日)までの毎週末(金・土・日・祝)
時間:17:30~21:00まで
ブルワリー名:富士桜高原麦酒
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663‐1
料金:1,000円(税別)/90分(お食事ご利用の方が対象)
ビール種類:ピルス、ヴァイツェン、ラオホ、シュヴァルツヴァイツェンの4種
※詳細は公式サイトで確認をお願いします

いやぁ、富士桜さんと言えば個人的にはラオホと冬季限定のラオホボックです!
ここのラオホシリーズこそ燻製ビールと言えるくらいの燻製感満載で、
他社の燻製ビールとはやはり一味違うと今でも思ってます。
特にラオホボックは杯アルコールで一時かなりハマり本当に好みだったビアっぷる。
はい、今はピルスナー系に移行してしまいましたのでご容赦を^^;

また、専用ジョッキでビールサーバーから自身で自由にサービングできるのも楽しみ。
このサービング次第で味が変わると言われるくらい大切なサービング。
是非、お友達や家族と行った際に飲み比べてみると違いが判る方にはわかる。
はい、かなりマニアックな話ですが事実ですから^^;

ただ、山梨県までは…という方に朗報です!
明日の1月12日(金)~21日(日)まで東京ドームシティにて
「ふるさと祭り東京2018」に参戦する様ですね(@_@)

どうやら、
・富士桜Draft-1( ? )
・ドラゴンモザイク(ヴァイツェンボック/アルコール度数7%)
が限定で出される様ですが、富士桜Draft-1って「富士桜Roppongi Draft1」とは違うのかな?
富士桜さんが東京・六本木へ進出した際に醸造されたビールですね。
スタイルはヴァイツェンでアルコール度数が6.6%。
まぁ、個人的には冬季だけにきっとあるであろうラオホボックが一番飲みたいですね!

年明け早々からクラフトビールを飲みまくってるビアっぷるですが、
今年も体調に気を付けながら自身の好みのビールを見つけていきたいと思います。

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. Hobo Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、北海道札幌市のファントムブルワリー…
  2. ヤッホーブルーイング(僕ビール、君ビール。満天クライマー)その1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、昨日発売されたヤッホーブルーイング…
  3. 忽布古丹醸造(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(…
  4. 松本ブルワリー(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は『前編』に続き『後編』となりま…
  5. 志賀高原ビール ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は長野県は下高井郡にある『志賀高原ビー…
ページ上部へ戻る