『蔦屋書店』のオリジナルビールとなるTAG FOODS第一弾「セッションIPA」が気になる…

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

いやぁ、まさかの…と言っては失礼ですが大手書店で有名な蔦屋書店さんが、
オリジナル食品ブランドとして『TAG FOODS』を展開した様ですね。
その第一弾として蔦屋書店さんの空間をイメージしたクラフトビールを造られた様です!
どうやら「お米を使ったセッションIPA」との事(@_@)

ビール名:TAG FOODS Vol.1 クラフトビールIPA
スタイル:セッションIPA
アルコール度数:5%
IBU:51.8
醸造元:新潟ビール醸造株式会社(胎内高原ビール)
販売店舗:銀座、代官山、中目黒、湘南、枚方の蔦屋書店
オンラインショップ:https://store.tsite.jp/feature/54.html
※詳細は公式サイトで確認くださいませ

これよくよく調べていくと醸造は新潟ビール醸造さんって…
一瞬考えてしまいましたが、
胎内高原ビールさんのところが醸造されたんですね!
ビアっぷる的には、“蔦屋書店×胎内高原ビール“の方がしっくりくる^^;

はい、という事でこのビールは胎内高原ビールさんの醸造長が、
蔦屋書店さんの印象をビールで表現した。という事で、
新潟産コシヒカリを使いモザイクホップ100%で
『居心地の良さ』を醸しだしたそうです。

蔦屋書店さんの空間をイメージするとラベルもシックでカッコよく、
ビアっぷる的にボトルの見た目は凄く好みですね!
ただ、味は苦手なセッションIPAだけに飲んでみないとわからないですwww
また常温保存可という文字はちょっと気になりますが…^^;

しかし、蔦屋さんがクラフトビールを出すのは凄く意外だったが、
オリジナル食品ブランドのTAG FOODSのコンセプトが、

日本各地から厳選した、
「これはおいしい」「これは伝えたい」と思った素材を使って、
尊敬する作り手と共につくります

との事で、第一弾がオリジナル限定ビールを選定されたんですね。
それだけクラフトビールが今や横浜DeNaベイスターズしかり、
アチコチ大手さんがクラフトビールを出してくれるのは非常に嬉しい。

全く蔦屋書店さんに足を運ばないビアっぷるですが、
店舗でも販売されてる様ですし、限定醸造という事で無くなり次第販売終了…
はい、ビアっぷるは苦手なスタイルとはいえ気になるビールですので、
ビア仲間と一緒に人数が揃えば買ってみようかな?

皆さんも機会があれば飲んでみてくださいね!
今回は、ここまで。

それでは、また~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. AJB ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、 長野県は下高井郡にある『AJB(…
  2. RYDEEN BEER(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、新潟県は魚沼市の『RYDEEN B…
  3. BAYSTARS VOYAGE(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、横浜DeNAベイスターズさんの球団…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、 静岡県御殿場市の『DHCビール』…
  5. 南横浜ビール研究所(ロゴ)1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市の『南横浜ビール…
ページ上部へ戻る