東京の『T.Y.HARBOR(ティー・ワイ・ハーバー)』から限定醸造の「ニューイングランドIPA」を樽で飲んでみました~

T.Y.HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバー・ブルワリー)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、 偶然にもビアっぷるの好きなニューイングランドスタイルが!
という事で、『T.Y.HARBOR(ティー・ワイ・ハーバー)』さんの
「ニューイングランドIPA」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。
因みに『T.Y.HARBOR(ティー・ワイ・ハーバー)』さんのビールは超久しぶりです^^;

ビール名:ニューイングランドIPA
ブルワリー名:T.Y.HARBOR(ティー・ワイ・ハーバー)
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:6.0%
URL:T.Y.HARBOR(ティー・ワイ・ハーバー)

こちらがその「ニューイングランドIPA」ですね。

見た目は…ニューイングランドスタイルながら全然濁ってない(@_@)
香りは何度も確認したがジューシーさがほぼないのだが気のせいか?
飲み口は、甘味がなく苦味が思ったより強め。
また、スッキリでジューシーさを感じない。
ビアっぷるが求めてるニューイングランドスタイルとは
真逆と思える程で物足りずビアっぷるの好みではないかな^^;

醸造開始が1997年と老舗のブルワリーさんで
昨年に20周年を迎えた様ですがホント素晴らしい事。
また、以前にこのブログでも紹介した
羽田スカイエール』を醸造もしてますし
信頼と実績のあるブルワリーさんでもあります。

ビアっぷるが唯一残念と思ってるのが
ペールエール、ウィートエール、アンバーエールやIPAはともかく、
インペリアルスタウト等、様々スタイルがありながら
未だにピルスナーがないんですよね…
醸造設備が整ってるブルワリーさんだけにあってもおかしくないのですが、
過去に醸造した事あるのかもしれませんが、
ピルスナーがあれば是非レストランにも足を運びたい。

そういえば昨年の11月だったかな?
設立20周年という事でブルワリーの設備等を拡張し、
醸造の実験用となる『パイロットブルワリー』を設立し
300ℓのタンクが3本と今後はよりオリジナリティのある
ビールを醸造していく中でピルスナーも醸造してくれると
嬉しいんだけどなぁ~(^^;)

はい、という事で今回は『T.Y.HARBOR(ティー・ワイ・ハーバー)』さんの
「ニューイングランドIPA」を紹介しましたが、
限定醸造でレストランにはない提供されてない様ですので
ビアバーで繋がってたら是非皆さんも飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る