【北海道】ブラッスリーノット:「バード」を樽で飲んでみました~

ブラッスリーノット(ロゴ)_02NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログで初登場のブルワリーさんです。北海道は阿寒郡にある『Brasserie Knot(ブラッスリーノット)』さんから、「BIRD(バード)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。初醸造は…どの新規ブルワリーさんも大半がファーストでリリースされるペールエールですね😅。さて、勝手ながら期待度を高くしていますがどんな味になってるか楽しみです✨

ブラッスリーノット(バード)_イメージ01

『Brasserie Knot(ブラッスリーノット)』BIRD(バード) 詳細

ビール名:BIRD(バード)
ブルワリー:Brasserie Knot(ブラッスリーノット)
ビアスタイル:アメリカンペールエール
アルコール度数:5.0%
IBU:30
URL:Brasserie Knot(ブラッスリーノット)
facebook:Brasserie Knot(ブラッスリーノット)

こちらがその「BIRD(バード)」のビール画像です。

ブラッスリーノット(バード)_01

「BIRD(バード)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーな明るい山吹色という感じでしょうか
香りは、やや甘やかさを感じつつフルーティーさもあり
飲み口は、ホップの苦味はかなり穏やかで地蔵k制覇舌中で微残る程度。また求めてる甘さはなし。そして全体的なシンプルさから柑橘さとちょいシトラシーさ。飲み後には甘さがなく、温度が上昇し柔らかいホロ苦さが顔を出す。ボディはライトでさっぱり飲みやすいが、シンプルさが際立つ感じで残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

シンプルなペールエール…

この「BIRD(バード)」ですが、先ずはブラッスリーノットさんの事を少しと思いましたが…このクラフトビール業界では有名な方のブルワリーさん。敢えて記載せずともコレを機に公式サイトてご確認下さいませ~😄。さて、ブルワリーさん記念すべきファーストバッチですが、ホップとその他原材料共に初リリースだから?それとも今後も?と思いつつ記載はないのは残念😵。そして感じ方は人それぞれですが、今回のアメリカンペールエールはホップの苦味控えめでモルトさがやや前に出て優しいく感じはビアっぷる的に好ポイント✨。ただ、背景から勝手ながらあまりにも期待値を高くしてしまった分、“シンプルなペールエール”という感じでちょっと拍子抜け😅。その流れもあり、もう1種類オーツ麦を使用したベルジャンウィットの『FLOEWR(フラワー)』も樽(ドラフト)で繋がってましたが…敢えて飲まず💦。醸造技術はまだまだこんなものではないと思っていますが、現タンク等の環境に慣れた際の今後のビールに期待しつつヘイジーIPAやピルスナー等などリリースされた際には、改めて飲ませて頂きたいと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は北海道は阿寒郡にある『Brasserie Knot(ブラッスリーノット)』さんから「BIRD(バード)」をご紹介しました。苦み少ないシンプルなアメリカンペールエール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る