青森県十和田市の『OIRASE Brewery(奥入瀬ブルワリー)』より「奥入瀬ピルスナー」を樽で飲んできました~

奥入瀬ビール(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回もけやきビール祭り2018で飲んだビールになりますが、
ビアっぷるが国内ではボヘミアンスタイルで№1と思っているビール。
青森県十和田市にある『OIRASE Brewery(奥入瀬ブルワリー)』さんの「奥入瀬ピルスナー」を
樽で飲みましたので紹介したいと思います。
そうなんです、何だかんだで奥入瀬ブルワリーさんは初登場となりますが、
少々色々とあった中でようやくこのブログで紹介する事ができます^^;

ビール名:奥入瀬ピルスナー
ブルワリー:OIRASE Brewery(奥入瀬ブルワリー)
スタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.0%
IBU:30
URL:OIRASE Brewery(奥入瀬ブルワリー)
facebook:OIRASE Brewery(奥入瀬ブルワリー)

こちらが「奥入瀬ピルスナー」のビール画像はコチラです。
奥入瀬ピルスナーその2
奥入瀬ピルスナーその1
見た目は黄金色に近く綺麗なピルスナーですね。
香りは“けやき”で他のビールの香りもして飲まれた感じか思ったより控えめでした。
飲み口は鼻から抜ける香りはさすがでボヘミアンらしいビール感はしっかり残ってますが、
苦味がやや強く、甘味は思ったより少なくビアっぷるが知ってる奥入瀬ピルスナーではなかったかな^^;
まぁ、“けやき”でちゃんとしたビールを飲もうとする事が難しいと思いますし、
ビアバーで状態の良い形で飲むのがやはり一番ですね。

はい、今回のけやきビール2018で必ず大きいサイズで飲もうと決めてたビール。
海外ビールではボヘミアンスタイルのウルケルがダントツで好みのビアっぷるですが、
国内に数あるボヘミアンスタイルを醸造しているブルワリーさんの中で、
1、奥入瀬ブルワリー(ピルスナー)
2、妙高高原ビール(ピルスナー)
3、鳴子温泉ブルワリー(高原ラガー)
この3ブルワリーが現時点で好みですが中でも奥入瀬ブルワリーさんのピルスナーは一番好み!
もちろん妙高さんのピルスナーも鳴子温泉ブルワリーさんのピルスナーも好みですが
やはり奥入瀬ブルワリーさんがビアっぷる的に頭1つ抜けてる感じなんですよね~
ビアっぷる的な違いですが“コク”と“甘味”が他のブルワリーさんより少し強めという事かな?
もちろんクラフトビールは生き物ですので今回みたいに苦味が強めに出てる時もありますけど、
それもクラフトビールらしくって良いんですけどね~

因みにビアっぷるはこの奥入瀬ブルワリーさんの現地にお邪魔した事があるのですが、
現地で飲んだあの『奥入瀬ピルスナー』は格別で本当に忘れられない。。。
今回けやきビール祭り2018で飲んだビールと比べたら難しいのですが、
関東側で飲む奥入瀬ピルスナーとは違い、現地は遥かに甘味が増しておりドリンカビリティ全開でした。
ただですね、ただ場所が場所だけにそんな簡単に行ける訳でもないし、
ホテルに戻るのもタクシーと大変でしたがボヘミアンスタイルマニアなら行く価値はありですよ!!

その奥入瀬ビールさんはピルスナーの他にダークラガー、アンバーラガー、ヴァイツェンが定番で、
期間限定醸造(サマーエール等)のビールも醸造してますが今回のけやきビール祭り2018が20回記念という事で、
『IPA』を醸造されてましたが…他の飲む、飲まなきゃいけないビールもありIPAという事もあり飲むのは控えさせて頂きましたwww
ま、今後ビアバーでIPAが繋がる情報も得てますのでその際に飲もうとは思ってます。
そういえば、発売が少し先ですが『レッドエール』も醸造中らしいのでそちらの方が興味津々です。
毎度思いますが奥入瀬ピルスナーを飲んでると今や断然『限定醸造』が流行ってるクラフトビール業界ですが、
最終的には人気の定番ビールを持ったブルワリーさんが残っていく時代になると思ってるビアっぷる。
そろそろ淘汰されてくる時代に入りつつあるもいつまでも良い意味で変わらない奥入瀬ピルスナーを醸造してほしいですね。

という事で、今回は『OIRASE Brewery(奥入瀬ブルワリー)』より「奥入瀬ピルスナー」をご紹介しました。
皆さん機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakega…
  2. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  3. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、神奈川県は鎌倉市にある『Yoroc…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 待ってましたよ…今年も販売して頂けますかサ…
ページ上部へ戻る