宮城県の『仙南クラフトビール』から「NEW ENGLAND IPA(ニューイングランドIPA)」を樽で飲みました~

仙南クラフトビール ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

ようやく、ようやく待望の!?ニューイングランドIPAが飲めました~
はい、宮城県角田市の『仙南クラフトビール』さんの「NEW ENGLAND IPA」を紹介したいと思います。
これ、ビアっぷるが過去ニューイングランドIPAの中で1番好みと思ってる
20th Anniversary 記念ビール』と同じブルワリーさんの「NEW ENGLAND IPA」になります(´▽`)
ちょっと無理を言って…飲める環境から樽で飲むことができましたがけやきビール2018でも限定ビールとして繋げてた様ですね!
ビアっぷるが行った時はなく『ピルスナー』を飲んだのですがまだブログに挙げてませんでした。
近日挙げたいと思います^^;

ビール名:NEW ENGLAND IPA(ニューイングランドIPA)
ブルワリー:仙南クラフトビール
スタイル:ニューイングランドIPA(NE-IPA)
アルコール度数:7.0%
facebook:仙南クラフトビール

こちらがその「NEW ENGLAND IPA(ニューイングランドIPA)」の画像です。
仙南クラフト(ニューイングランドIPA)
見た目は以前とそこまで変わらないヘイジー感満載のオレンジ色。
香りは相変わらずのジューシーでフルーティーでヘイジーさがしっかり感じれ良い香り。
飲み口ですが、ジューシーでさは相変わらずでフルーティーな感じもしっかりあります。
また、トロみはなく後味はホッピーな感じではあるが苦みは抑えめですね。
そして甘味がある方なのでビアっぷるの好みではありますが…『20th Anniversary 記念ビール』の方が好みだったかな^^;

はい、以前にニューイングランドIPAとして飲んだ理想の『20th Anniversary 記念ビール』と一緒か!?
という点が今回の肝だったのですがちゃんと比べてみましたよ(^^ゞ
先ず、見た目も変わりがなかったし香りも共にフルーティーでジューシーで変わらずでした。
ただ、数字で出てる様にアルコール度数が1%今回の「NEW ENGLAND IPA」の方が高い。
これによってか以前の甘味が減ってると感じ『20th Anniversary 記念ビール』とは違うニューイングランドIPAでしたね。
その甘味の部分が減ってるのは残念ではあるのですがそれもで他のブルワリーさんのニューイングランドIPAに比べれば俄然甘味はあります。
ビアっぷるは仙南クラフトビールさんのニューイングランドIPAはかなり好みです(´▽`)

以前にビア仲間のブログに載ってた『NEW ENGLAND IPA“改”』というのがあった様ですが、
これを飲んでないのでかなり悔やんでるビアっぷるですがそれでも今回この「NEW ENGLAND IPA」を飲めて良かった。
今秋には『NEW ENGLAND IPA“ハイパー”』が出てきそうだし、そちらも絶対飲みたいと思ってます!

はい、そんなこんなで今回は『仙南クラフトビール』から「NEW ENGLAND IPA」を紹介しました。
これニューイングランドIPAとしてはビアっぷるのオススメブルワリーさんです。
皆さんも機会があれば是非、一度飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る