【京都】丹後屋醸造:「京都酸味処 桃選果」を樽で飲んでみました~

丹後屋醸造(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、京都府は与謝野郡にある『Tangoya Brewery(丹後屋醸造)』さんより「京都酸味処 桃選果(ももせんか)#0011」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は初飲み『研ぎ初め(とぎぞめ)』でしたが、今回は、桃を使われて気になってしまったサワーエール🍺。さて、ビールはどんな感じでしょうか😊

丹後屋醸造(京都酸味処 桃選果#0011)_イメージ01

『Tangoya Brewery(丹後屋醸造)』京都酸味処 桃選果(ももせんか) 詳細

ビール名:京都酸味処 桃選果(ももせんか)#0011
ブルワリー:Tangoya Brewery(丹後屋醸造)
ビアスタイル:ピーチサワーエール
アルコール度数:5.0%
IBU:12
URL:Tangoya Brewery(丹後屋醸造) なし
facebook:Tangoya Brewery(丹後屋醸造)

コチラがその「京都酸味処 桃選果(ももせんか)#0011」のビール画像です。

丹後屋醸造(京都酸味処 桃選果#0011)_01

「京都酸味処 桃選果(ももせんか)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめきれいな黄色という感じ
香りは、桃の爽やかさ!とほのかな酸味が心地よい
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性としてほぼなし。また求めてる甘さなし。そして桃の華やかなフレーバーと、フレッシュさを感じる桃の程よいジューシーさと味わいに後追いで絶妙な酸味。飲み後にはほのかな優しい甘さで、温度上昇もホップの苦みは変わらず。ボディはミディアム寄りのライトで、優しい口当たりに飲みやすく飲み応えもあり。バランスも素晴らしく整ってる印象から、ビアっぷるは好みな方のビールでした✨

全体的好バランスと、リアル桃を思わせる造り

コチラの「京都酸味処 桃選果(ももせんか)#0011」ですが、ホップはビアっぷる待望の与謝野産ホップに加え、上富良野産のホップを使用も種類まではわからず。その他原材料には、オーツ麦と籾殻に桃ピューレ(オレゴン産)を使用し糖類を加え醸造されたサワーエール。感想は素直に、“オレゴン産の桃の特徴を最大限引き出し、フレッシュさと爽やかでバランスの取れた味わいを感じるサワー”という印象🍺。特に桃の質と加糖に関してが好ポイント。桃の方は、オレゴン産の桃ピューレとの事だが熟れ過ぎた感じや加工っぽい感じもなく“フレッシュな桃”を感じさせる点。そして加糖の方は糖類を加えてるはずなのに、それを思わせない“桃由来と思えるほのかな甘さ加減”がこれまた素晴らしく好印象なサワーエール✨。いやぁ~深い、とにかく深いサワーエールで言葉で伝えきるのが難しい程の絶妙な全体的バランス🍺。知ってる方もいると思いますし敢えて触れませんが、今の“京都酸味処シリーズの造り”が今後も続くのならば、国内外の違うフルーツを使用した際に改めて飲ませて頂きたいと思うビアっぷるでした😊

はい、という事で今回は、京都府は与謝野郡にある『Tangoya Brewery(丹後屋醸造)』さんより「京都酸味処 桃選果(ももせんか)#0011」をご紹介しました。フレッシュな桃+程よい酸味がう心地よさを引き出すサワーエール🍺✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 奈良醸造ブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  2. ブルークラシック(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、石川県は金沢市にある『Brew C…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る