【沖縄】那覇市にある「WOLFBRÄU(ウォルフブロイ)」が凄く気になる!

WOLFBRÄU(ウォルフブロイ)_logo1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、沖縄県那覇市にできた「WOLFBRÄU(ウォルフブロイ)」さんが、2019年6月3日(月)に醸造免許を取得されたとの事で凄く気になります!って、もう既に醸造が開始されてる?ようですね。スタイル的にはジャーマンスタイルという事で、自家醸造ビール第1号はアルトかな?ヴァイツェンかな?と、思いながら非常に楽しみなブルワリーさんです( ´∀`)

WOLFBRÄU(ウォルフブロイ)_image2

ブルワリー名:WOLFBRÄU(ウォルフブロイ)
場所:沖縄県那覇市首里池端町34
facebook:WOLFBRÄU(ウォルフブロイ)
※詳細は公式サイトでご確認くださいませ

WOLFBRÄU(ウォルフブロイ)_image3

この「WOLFBRÄU(ウォルフブロイ)」さんですがブルーパブ形式で、この様なカッコいいロゴが付いたグラスにサービングしてくれます。 醸造免許が交付される前の2019年4月末頃からプレオープンはされてたようで、facebookを拝見すると主に自家焙煎コーヒーと国内外のゲストビールを数種で営まれてたる様でした。ゲストビールにはドイツ直送のシュパーテンさんや国内のハーベストムーンさん、そして大山Gビールさん等が提供されてた模様(随時変更されてるはず)。

現段階で今月の2019年6月3日(月)にビール免許が交付され、醸造が開始から多分来月か遅くても再来月には醸造第一号の自家製ビールの提供が開始されそうですね!因みにヘッドブルワーのウォルフラムさんはドイツ出身で、奥様は千葉県出身とのこと。ビアっぷるが毎回気になっている修行先は、昨年外資系企業を退職された後に、本場ドイツのビールアカデミーで研修を受けたという事から本格的なドイツビールが提供されそうです(@_@)

今や沖縄県には、石垣島ビールさんや宮古島マイクロブルワリーさん。そして本島ではヘリオスさんにサンゴビールさんに北谷ハーバーさん、最近では浮島ブルーイングさんやコザ麦酒工房さん等など、やはりクラフトビール時代が全国で確実に広まっており、ここへきて沖縄でのブルワリーさんも増えてきたのはビアっぷるにとっては嬉しい事です。そして今回このWOLFBRÄU(ウォルフブロイ)さんもその仲間入りって感じですね^^

はい、そこで新規ブルワリーさんも数多く増えるのは良い事ですが、今の時代はそれ相応のビールレベルがないと生き残るのには厳しい時代になってきてるとも思ってます。そこを踏まえると、本場で研修を受けた本格的ドイルビールの研修経験を持つのは大きいと思う。後はビールシステムの癖を把握し、醸造経験を積んでいけばブルワリーさんの“いろ”が出てくるはず。そしてキャリアも凄く大切ですが、どんな醸造経験より“ビールセンス”が人気のビールになるキモだと思ってますけどね(^_^;)

しかし沖縄ですとライトですっきりなオリオンビール文化ながら、石垣島ビールさんの様などっしりでも飲みやすいドイツスタイルもあります。 WOLFBRÄU(ウォルフブロイ)さんが、本島で本場ジャーマンスタイルがどんな感じで受け入れられ浸透してくか楽しみですね~。ビアっぷるは是非とも沖縄に遊びに行ったら寄らせてもらいたいブルワリーさんです( ´∀`)

はい、という事で今回は沖縄県那覇市にある「WOLFBRÄU(ウォルフブロイ)」さんを紹介しました。観光で行かれた方は首里城を見てから行くのもいいかもですね~。地元の方は是非、もうすぐ完成するはずの自家醸造ビールを飲んでもらいたいですね!

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る