【神奈川】みなとみらいにあるREVO BREWING(レボ・ブルーイング)に行ってきましたよ~ Part2

REVO BREWING(レボ・ブルーイング)_ロゴ1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、前回Part1で紹介したREVO BREWING(レボ・ブルーイング)さんの続きになります。神奈川県横浜市のみなとみらい地区にできたアパホテルさんの横浜ベイタワー内に、RRR(トリプルアール)さんが総席数250席となる「REVO BREWING(レボ・ブルーイング)」さんをOPENし、色々な意味で話題となっております。前回は自社ビールのみを2種類ご紹介しましたが、今回はREVOさんと海外ブルワリーさんのコラボビールも2種飲んだのでご紹介したいと思います(^^ゞ

ブルワリー名:REVO BREWING(レボ・ブルーイング)
場所:神奈川県横浜市中区海岸通5丁目25番(1F)
OPEN日:2019年9月20日(金)
URL:REVO BREWING(レボ・ブルーイング)
URL:REVO BREWING(レボ・ブルーイング)
※詳細は公式サイトでご確認くださいませ

それではビールの紹介です。の前に入り口や店内画像を撮ってないのは寂しいので、コチラの画像でどうでしょうか?

ええ、メニューの表紙にあったロゴです^^;
さて、早速ですが先ずは、

REVO BREWING(メニューロゴ1)

ビール名:Tiny Spairal(タイニー スパイル)
ブルワリー名:REVO BREWING × Culmination Brewing
ビアスタイル:Sassion Hazy IPA
アルコール度数:???
IBU:???

そしてこれが「Tiny Spairal(タイニー スパイル)」のビール画像です。

REVO BREWING×Culmination Brewing(Tiny Spairal)

見た目は…グラスにアパ社長の顔はなく色味は薄濁りの黄色って感じかな。
香りは、ヘイジーでジューシーさも感じながら程よくトロピカル。
飲み口は、ホップの苦味はそれなりにあり舌奥でジワジワという感じ。求めてる甘さはないが、こちたも自社醸造の“I am “The” President(アイ アム ザ プレジデント)”と同様で、やや水っぽく感じるかな。ただビールバランスはこちらに軍配が上がると思った。ボディはライトで飲みやすく、若干物足りない気もするが苦手ではありませんでした^^;

このコラボされたCulmination Brewing(カルミネーション)さんは、アメリカはポートランドでクラフトビールを良く飲まれてる方にはもう有名なブルワリーさんですね。日本では伊勢角屋麦酒さんのNeko Nihikiで一気に火が点いたイメージを持ってるビアっぷるですが、今やアチコチのブルワリーさんとコラボしたり、自社のビールが日本で飲めたりと、アメリカの海外ビールが絡むところは大半で見られるようになってきましたね。今回のビールは、ビアスタイルがSassoinという事ですので軽くライトになるのは想定内。もう少しコクがあれば好みだったかなと思いましたが、今回飲んだビールでは好みな方でした。

次に、

ビール名:Extra Bruit IPA(エクストラ ブリュット IPA)
ブルワリー名:REVO BREWING × Level Beer(レベル ビール)
ビアスタイル:Bruit IPA
アルコール度数:???
IBU:???

そしてこれが「Extra Bruit IPA(エクストラ ブリュット IPA)」のビール画像です。

REVO BREWING×Level Beer(Extra Bruit IPA)

見た目は、薄濁で明るい黄色って感じですね。
香りは、やや酸味を感じるのは気の所為!?
飲み口は、グラッシーさを第一に感じたがホップの苦味は控えめでした。また求めてる甘さはないのは糖度を極力抑えたビールだけに理解はしていたのでほぼなし。ただビールが水っぽくも感じ、味的にもコレは微妙。ボディはライトながら
飲みすすめるにはちょっと厳しかった。残念ながら好みではありませんでした。

このLevel Beer(レベル ビール)さんもアメリカはポートランドのブルワリーさんですね。ビアっぷるは海外ビールに疎いのであまり詳細まではわかりませんが、
ビアバー等で海外ビールを入れてるところでは見かけますが流行ってるのかなぁ?機会があればLevel Beer(レベル ビール)さんのみのビールを気が向いたら飲んでみようかな。と思いましたが、やはりビアっぷるは改めて国産のビールを応援したいと思いましたので、間違ってる箇所もあるかもですが海外ビールのネタは温かい目で見守って下さいませ(^_^;)

という事で、Revoさんとのコラボビールはこの2種類でしたので以上となります。その他の海外ビールはBelching Beaverさんや、Revisionさん、Foundersさんや、Break Sideさん、Firestone Walkerさんに、Sierra Nevadaさん、そしてLever BeerさんとCulminationさんの樽生ビールがありましたが知らないとこもありながら…いかんせん興味がなかったwww。

気になったのはどちらかというとビールではなくグラスサイズかな。Harfが235mlの様ですが、パイントは…2名の店員さんに質問させて頂きましたが、“聞いてきます”との事で長い時間待つも…結果お会計をした後でも回答が返ってこなかったのは残念でした。が、多分ビールに詳しい店員さんばかりではなさそうでしたし、OPEN仕立ての忙しい時に変な質問をしたビアっぷるが悪いですね。店員さんは笑顔もありましたし接客は一生懸命に見えました。ただ、いかんせん250席は広過ぎでアチコチ歩き回ってるのは大変そうでしたけどね^^;。

徐々に慣れてくるでしょうし、今後はグラスの管理なども含め清潔感を保って欲しいですし、特にクラフトビールではグラスは当然の事で次回お伺いした時もキレイなグラス(エンジェルリング)を保ってて欲しいな。そしてただでさえ人員確保が大変な業種ですので、今働かれてる方々は、今後楽しく働いてもらえるといいですね!店員さん頑張れ!!( ´∀`)

はい、という事で今回は横浜市のみなとみらいにできた、「REVO BREWING(レボ・ブルーイング)」さんのPart2をご紹介しました。味はあくまでもビアっぷるの舌で感じたことですし、舌は十人十色です。皆さんも機会があれば是非自身の舌で確認し、みなとみらいに来た際には寄ってみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント等を紹介しています。そして毎日新たなブログをいち早くツイッターで確認できます。また、人気ブログランキングにて、クリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. スプリングバレー(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログ単体では初登場になります…
  3. カケガワファームブルーイングロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakega…
  4. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  5. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
ページ上部へ戻る