原産国イギリスの「スティッキー・トフィー・プディング・エール」をボトルで飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、恒例のビア仲間よりいかにも甘いだろ!!とツッコミたくなる
ビールをボトルでプレゼントしてもらいました~
はい、イギリスの「スティッキー・トフィー・プディング・エール」…
え!?…プティングエール!?(;´・ω・)
ビール名を見ただけでもう口の中は甘さ全開のビアっぷるですが、
せっかく頂いたので飲んでみたいと思います(^^ゞ

ビール名:スティッキー・トフィー・プディング・エール
原産国:イギリス
ブルワリー名:ウエルズ&ヤングス社
スタイル:アンバーエール
アルコール度数:5.0%

それではビール画像はコチラです。

色はアンバーエールと言われればアンバー色だが…
香りはまさにプリンのカラメル感の甘いロースト感がふわぁ~っと
程良い香りで興味をそそられましたが、
海外の甘いビールという固定観念から香りだけだと味は危険か!?…
と思ってたのですが飲み口は、その危険な予感を遥かに裏切る
甘味が抑え気味で程よいモルトとロースト感がマッチしていて飲みやすい。
ビアっぷる的に好みか?と言われると普通と答えたいが、
ビール名から甘ったるいイメージをまんま想像してましたが、
バランスの取れたビールで良い意味期待を裏切られたビールでした^^;

しかし、これはスタイル的にアンバーエールの様ですが
アンバーエールなのかなぁ?そう感じないビアっぷるはおかしいかな?
じゃスタイルは?と聞かれるとそれはそれで難しいのだが…
ま、調べる限りアンバーエールが大半なので
アンバーエールと記載してますけど(^^;)

あ、このビールですね、
「スティッキー・トフィー・プディング」
というイギリスで大人気のお菓子を
ビールでイメージしたのがこれだそうです。
当然ビアっぷるはこのお菓子を食べた事ないが、
このビールを飲んでこれがお菓子なら…と、
逆にお菓子の方を食べたくなりましたよ。
ビア仲間がイギリスに旅行にいった際にはお願いしてみようwww

はい、という事でイギリスの
「スティッキー・トフィー・プディング・エール」
を紹介しましたが皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakega…
  2. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  3. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、神奈川県は鎌倉市にある『Yoroc…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 待ってましたよ…今年も販売して頂けますかサ…
ページ上部へ戻る