神奈川県横須賀市にある猿島の地ビール「SARUSHIMA 無人島」をボトルで飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

先日、神奈川県横須賀市にある自然島の『猿島』に行ってきましたが、
偶然にも地ビールが置いてありました。いやぁ、アチコチ行ってみるもんですね~
そしてビール名が「SARUSHIMA 無人島」とですが、
観光客で凄い人が賑わってる島ではありましたが…^^;
はい、このビールの存在は全く知らなかったがボトルですが飲んでみました~

ビール名:SARUSHIMA 無人島
スタイル:ペールエール?
販売会社:株式会社トライアングル
製造者:世嬉の一酒造株式会社(岩手県一関市)
アルコール度数:5%

それではビール画像はコチラです。

はい、先ず気づいたのがキャップが王冠ではなくプルトップタイプなので、
栓抜きがいらずシュポッと外して飲めるので楽で気が利いてていいですね~
※画像を撮り忘れたのでトップ画像で確認ください><

香りはホップ感が思ったより控えめでこの香りは好みな方。
飲み口ですがほのかな苦みはあり喉を通っても苦みが持続する。
また、まろやかでコクもありビアっぷるは好みってのが自分でも意外^^;

正直味は微妙かな…と固定観念を持ってたビアっぷるですが、
『地ビール』としてはレベルが高いと思ってたら、
製造者が『世嬉の一酒造株式会社』との事。
ん!?、どこかで聞いた事あるぞ…
はい、まさかのいわて蔵ビールさんではないですか!?(@_@)
と、二度見してしまいましたwww
何故に横須賀の地からいわて蔵さんに製造を頼んでるのか不思議www

ただ、観光的な場所だし『地ビール』という言葉で販売するのもわかるが、
地元で醸造ではないので『クラフトビール』の方が聞こえも含め良い気が…
多分、横須賀唯一の水源地となる「走水」と、
地元の水を使ってる事から『地ビール』と言いたいのかな?^^;

いやぁ、しかしいわて蔵ビールさんが醸造でしたか。
どうりでビールのバランスが良いなと思ってましたが納得。
問題はスタイルです…記載がないので何ともですが、
ビア仲間とも一緒に飲みIPAでないのは間違いないだろうが
ペールエールと思う!?のだが言い切れない。。。ご了承くださいませ~(^^;)

という事で、猿島には色々と考えさせられる場所でもありますが、
天空の城ラピュタ的な自然もたくさん残ってます。
夏になればまた観光客も増え大混雑すると思いますが、
皆さんももし機会があれば猿島に行ってみるのも良いかも!
そして『SARUSHIMA 無人島』ビールを飲んでみてください^^

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 志賀高原ビール ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 ビアっぷるを知ってる方は驚きのビールがブロ…
  2. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、『MARCA(マルカ)』さんと言え…
  3. ストレンジブルーイング ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、新潟県の『ストレンジブルーイング』…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今月1月末には『JAPAN BREWERS…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 既に開催中のイベントでですが1月20日(日…
ページ上部へ戻る