【静岡】West Coast Brewing:「NATURAL SQUEEZE(ナチュラルスクイーズ)」を缶で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「NATURAL SQUEEZE(ナチュラルスクイーズ)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。この🍺は『TRIPLE BARREL(トリプルバレル)』と同時期にリリースされたWCBさん初のレッドエールですね。さて、どんな感じでしょうか👀。

ウエストコーストブルーイング(ナチュラルスクイーズ)_イメージ01

ビール名:NATURAL SQUEEZE(ナチュラルスクイーズ)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:レッドエール
アルコール度数:7.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「NATURAL SQUEEZE(ナチュラルスクイーズ)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(ナチュラルスクイーズ)_缶01
ウエストコーストブルーイング(ナチュラルスクイーズ)_缶02

見た目は、ややクリアな琥珀色という感じでしょうか
香りは、モルトのローストっぽい風味が強めかな
飲み口は、ホップの苦味はやや強めにあり、持続性も喉奥で残る感じかな。また求めてる甘さはない。そしてモルトフレーバーの膨よかな感じからの、味としてはやや気になるグラッシーさとカラメルの様なローストの苦味を感じる。飲み後には甘さはそこまで感じなかったが、全体的に余韻がかなり続く印象。ボディはミディアムでアルコール度数7.0%で飲み応えもあるのだが…このグラッシーな感じがやや苦手で、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

この「NATURAL SQUEEZE(ナチュラルスクイーズ)」ですが、使用ホップは記載が見当たらずわかりませんでした。また原材料にも特に変わったものは使ってない様ですが、国内産のレッドエールって大概モルトは『レッドX』を使われてるのが多く苦手なビアっぷるだが、この🍺はその味とは違う!?印象を受けたかな。反面、逆に気になるホップ由来であろうグラッシーさとモルトのやや甘さのあるカラメルの様な感じが合わさった事で、他のブルワリーさんのレッドエールよりは好みな方かな👀。ふと思い出すのがビアっぷるが国内で好みなレッドエールの『風の谷のビール』さんの“樽”で飲むレッドエール🍺✨。味そのものはだいぶ違うし、樽で飲める機会は少ないブルワリーさんですが、機会があれば飲んでみて欲しいですね😄

そして恒例のWEBフライヤーですが、

ウエストコーストブルーイング(ナチュラルスクイーズ)_webフライヤー01

今回は…背景の赤に赤い柄を使ったトランプが2枚。しかもこの絶妙な角度での置き方、そして各々トランプの両斜め上下にあるこの“『』”がトランプをより一層主役のトランプを浮き上がらせて見える。これぞデザイナーさんの拘りを感じるのは気の所為か!?😅。パッと見は『トランプだけ!?』と思わせといて~の、絶妙なバランスと拘りを感じるウェブフライヤー。ビアっぷるは好みなデザインでした🎶

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「NATURAL SQUEEZE(ナチュラルスクイーズ)」をご紹介しました。レッドエールファンの方はどう思うのだろうか?と感じた🍺だが、皆さんも機会があれば飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る