【宮城】Black Tide Brewing:「KESEMOI(ケセモイ)」を缶で飲みました~

ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)』さんから、「KESEMOI(ケセモイ)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。昨年の夏に初飲みとなった『ALL TOGETHER(Hazy IPA)』から約半年…ビア仲間よりオススメされたのが再度ヘイジーIPAという事になりますが、どんな感じでしょうか🙄

ブラックタイドブリューイング(ケセモイ)_イメージ01

『Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)』KESEMOI(ケセモイ) 詳細

ビール名:KESEMOI(ケセモイ)
ブルワリー名:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)
スタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)
facebook:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)

コチラがその「KESEMOI(ケセモイ)」のビール画像です。

ブラックタイドブリューイング(ケセモイ)_缶01
ブラックタイドブリューイング(ケセモイ)_缶02

「KESEMOI(ケセモイ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りはあるが黄色ではなく山吹色という感じかな
香りは、強烈なグラッシーさが前面に出ていました…
飲み口は、ホップの苦味は控えめに感じるも、喉奥で持続性はありました。また、求めてる甘さはない。そしてかなり強めでグラッシーなホップフレーバーと、柑橘さのあるホップも感じるがグラッシーさで全面掻き消される印象。またヘイジーながらジューシーさやトロピカルさは比較的弱めで甘さも控えめな印象。ボディはミディアムで飲み応えが前に比べ俄然UPしているのだが、このグラッシーさがやはり気になって仕方ない。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

強めに感じるグラッシーさの出どころが…

この「KESEMOI(ケセモイ)」ですが、気になったのが以前にはなかった公式サイトにビール詳細が記載されており、ホップはギャラクシーそ主に使われ、アマリロ、シトラ、そしてサルタナ(sultana)という4種のホップを使い醸造されたヘイジーIPAのようですね。以前よりも飲み応えが出てるのは良かったが、凄く気になった事が1つ。ビアっぷるにはグラッシーに感じる香りと味はどのホップ由来??👀。因みにサルタナのホップを使った🍺を飲んだ事がないので調べてみたが、特徴としては“トロピカルな味わいを出してくれる”との事。となると…その他のホップは他のブルワリーさんでも主で使われてる事が多いが、このグラッシーさをそこまで感じた記憶がない💦。公式サイトは常に更新されてると思うので、このホップからは…いやはや凄く謎な感じです🤔。これで2度目の缶でしたが、樽で見かける事がほとんどないブルワリーさんだけに次回こそは樽で飲んでこのブログで紹介できればと思うビアっぷるでした😄が

はい、という事で今回は宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)』さんから、「KESEMOI(ケセモイ)」を缶でご紹介しました。グラッシーさが全面に出た印象を持つビールですが、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ディレイラブリューワークス(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪市は西成区郡にある『Derai…
  2. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  3. Be Easy Brewing(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
ページ上部へ戻る