【宮崎】KIRISHIMA BEER:「紅茶のビール」を樽で飲みました~

霧島ビール(ロゴ01)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、宮崎県は都城市にある『KIRISHIMA BEER(霧島ビール)』さんから、「紅茶のビール」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。霧島ビールさんは過去2018年に“ピルスナー”等のの定番を飲んでますが、限定醸造は初飲みかな?しかも“紅茶”を使った🍺との事で、とても興味津々なビアっぷるです😄

霧島ビール(トップイメージ)_イメージ01

『KIRISHIMA BEER(霧島ビール)』紅茶のビール 詳細

ビール名:紅茶のビール
ブルワリー:KIRISHIMA BEER(霧島ビール)
ビアスタイル:フリースタイルエール
アルコール度数:5.0%
IBU:25
URL:KIRISHIMA BEER(霧島ビール)
facebook:霧島酒造株式会社

コチラがその「紅茶のビール」の画像です。

霧島ビール(紅茶のビール)_01

紅茶のビール飲み応えレビュー

見た目は、紅茶を連想させるややクリアなブラウン系という感じですね
香りは、紅茶の優しい豊かな感じが非常に上品で心地よい
飲み口は、ホップの苦味は少しだけ感じて持続性も弱めながらジワジワ舌奥にも残るかな。また求めてる甘さはない。そして本当に上品な紅茶フレーバーを感じながら程よいホップ感も後追いで。やや炭酸が強めに感じるのは気になったが、味にも紅茶感、タンニンを感じるも渋みなども感じれずモルトのコクもしっかり感じれる絶妙なバランス。後味には優しい甘さと飲み応えもあり、満足な中で紅茶の余韻が残るのもこれまた心地よい。ボディはライトでめちゃくちゃ飲みやすく、ビアっぷるはめちゃくちゃ好みなビールでした✨😄✨

ビールらしさのある“紅茶ビール”がポイント

この「紅茶のビール」ですが、ホップは少し前に見たが今はあまり見かけないパリセード(Palisade)とエラ(Ella)の2種類を使われてる様ですね。また、原材料には紅茶茶葉(アールグレイ想定)を使われており、ビアスタイルはフリースタイルエールとして限定醸造された🍺ですね。ストロングポイントと感じたのは飲み応えと🍺感。クラフトビール業界で紅茶のビールと言えば…女性にも圧倒的に好まれている富山にある城端麦酒さんの『アールグレイ』でしょう。もちろんビアっぷるも好みな方ですが、今回の霧島ビールさんの方は甘さは控えめになるものの、“ビール感”と“飲み応え”が加わり、よりビール好きの方には好まれると思えた1杯🎶。ざっくりで簡単に言ってしまうと、甘さがあり飲みやすいのが城端さん、甘さ控えめでビール感が出て飲み応えのあるのが霧島ビールさんという感じでしょうか。是非飲めたら皆さんにも樽で飲んでもらいたいですが、

霧島ビール(紅茶ビール通販サイト)_イメージ01

飲める箇所も少ないと思われ、霧島酒造さんの楽天市場店にてボトルを販売(売切ゴメン)されてるようです。興味のある方は是非飲んでみてはいかがでしょうか。そしてビアっぷるはまたどこかで見かけたら、今度はパイント2杯は飲もうと思ってるほど好みな🍺でした😁

はい、という事で今回は、宮崎県は都城市にある『KIRISHIMA BEER(霧島ビール)』さんから「紅茶のビール」をご紹介しました。紅茶風味の🍺に飲み応えあり、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね。

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ディレイラブリューワークス(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪市は西成区郡にある『Derai…
  2. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  3. Be Easy Brewing(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
ページ上部へ戻る