【岩手】ベアレンビール:「パンプキンエール 2022ver.」を樽で飲んでみました~

ベアレンビール(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、岩手県は盛岡市にある『Baerenbier(ベアレンビール)』さんより「Pumpkin Ale(パンプキンエール)/2022ver.」を樽(ドラフト)で飲んだのでご紹介したいと思います。因みに前回は2020年の1月に飲ませてもらった『Innovation Red Lager(イノベーションレッドラガー)』以来かなり久しぶり😵。ハロウィンが過ぎてしまいましたが…せっかく飲ませて頂いたのでという事で😅

ベアレンビール(パンプキンエール/2022ver.)_image01

『Baerenbier(ベアレンビール)』Pumpkin Ale(パンプキンエール)/2022ver. 詳細

ビール名:Pumpkin Ale(パンプキンエール)/2022ver.
ブルワリー:Baerenbier(ベアレンビール)
ビアスタイル:パンプキンエール
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:Baerenbier(ベアレンビール)
facebook:Baerenbier(ベアレンビール)

こちらがその「Pumpkin Ale(パンプキンエール)/2022ver.」のビール画像です。

ベアレンビール(パンプキンエール/2022ver.)_01

「Pumpkin Ale(パンプキンエール)/2022ver.」飲み応えレビュー

見た目は、ややクリアー目なブラウン系。
香りは、シナモンの様な複雑なスパイシーさを感じる
飲み口は、ホップの苦味はなく持続性もそこまでないかな。また求めてる甘さはない。そして複雑に入り交じるスパイシーさが好印象な反面、ビール自体が薄い印象。飲み後には甘さはやや感じれるが、かぼちゃ感はほとんどしないかな。ボディはライトで飲みやすくスイスイ系。ただ、飲み応えが物足りず残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

“かぼちゃ”が存在すると思いきや…

この「Pumpkin Ale(パンプキンエール)/2022ver.」ですが、2021年から醸造されてる秋限定のビール。ホップは記載が見つけられず種類までわからず。またその他原材料には、糖類にかぼちゃ、コリアンダーやオールスパイス、レモングラスにカルダモン等の香辛料を4種加え醸造されたパンプキンエールとの事。また、大変申し訳ないと思った事が…公式サイトに“ほのかなかぼちゃの甘味や香り等はあれどダイレクトにかぼちゃの味は致しません”という感じで記載されてます。はい、ここまで大半のビアバーさんのメニューには記載がされない可能性が高いのでついビール名から“かぼちゃ”を期待してしまったビアっぷる😵💦。そうなると求めていた味とは違い、“かぼちゃ感”はほぼ感じれないスパイスビールという感じになりました😅。好みや考え方が人それぞれですが、“マリアージュ的ではなくビール単体で完結する濃いめなビール”、そして“ビール名で判断し敢えてビール説明は読まず自身の舌で憶測で楽しんでから答え合わせ”という飲み方をしてるビアっぷる。今回はちょっと違ったという事ですね😅。改めてベアレンさんは全体的にコスパは良いが、特にコスパが良いと感じている『クラシック』がいいなぁ~✨と思ったビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、岩手県は盛岡市にある『Baerenbier(ベアレンビール)』さんより「Pumpkin Ale(パンプキンエール)/2022ver.」をご紹介しました。かぼちゃ感よりはスパイス感を楽しめるビール🍺。皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る