【静岡】反射炉ビヤ:限定醸造の「お茶屋さんのほうじ茶エール」を樽で飲みました~

反射炉ビヤ お茶屋さんのほうじ茶エール

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さんから限定醸造でかなり極少数樽と言われた「お茶屋さんのほうじ茶エール」を樽で飲んでみましたのでご紹介したいと思います。後ほど気になる事がありお伝えしたいと思いますが、「Juicy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」もありましたがまたまた登場ですね~^^

ビール名:お茶屋さんのほうじ茶エール
ブルワリー:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
スタイル:ペールエール
アルコール度数:5.0%
IBU:17
facebook:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)

こちらがその「お茶屋さんのほうじ茶エール」の画像です。

見た目もほうじ茶って感じですが、香りもほうじ茶がほのかに香る心地よい感じ。飲み口ですが、ほうじ茶をしっかり感じるが強すぎず、お茶独特の渋みと混ざり合いビールとしてバランスが素晴らしい。甘味はないものの、ホップの苦味が控えめでほうじ茶が好きなビアっぷるは予想外と言っては失礼だが、お茶系のビールではかなりのかなりのかなりの好みです!^^;

この「お茶屋さんのほうじ茶エール」の『ほうじ茶』ですが、反射炉ビヤさんのところで栽培されてる物を使ってる様で自社で厳選したほうじ茶を使えるのは良いですね!因みに『7樽限定!?』とかなり少ない様ですよ(^^ゞ。モルト感とビール感、そしてほうじ茶感が口の中に広がる上に飲んで鼻から抜ける香りとバランスが絶妙で素晴らしい。『日本人でよかったぁ~』と、思えるひと時を感じました^^;

このビールを飲んで凄く凄く気になってる事があります。反射炉ビヤさんの醸造の方は昨年の夏ごろから変わられた様で!?今回の「お茶屋さんのほうじ茶エール」は昨年の夏ごろ反射炉さんのレストランにお伺いした際に飲んだビールと完成度がだいぶ違う感じがしており、ここまで変わるのって醸造技術が上がったか??、醸造の方が変わったから??。ビアっぷるの好みに寄るビールになった原因はどちらかと思うのですが、ビアっぷる的には後者と思ってるのですが…実際はどうでしょうか?^^;

はい、勝手ながら言いたい事言わせてもらってすみません(^^;)。ただこのビール感を出せるなら今後反射炉ビヤさんのビールを飲んでみたいと思いますし、こういう事があるのがクラフトビールの良さとも思ってます。舌は十人十色ですので皆さんも自身の舌で確認しながらクラフトビールを楽しんで下さいね!

そんなこんなで今回は『反射とビヤ』さんの「お茶屋さんのほうじ茶エール」を紹介しましたが、ビアっぷるは近日もう1度飲みに行こうと思ってますwww。皆さんも樽数が少ないのですが機会があれば是非飲んでみてくださいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る