静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』から限定醸造の「お茶屋さんのほうじ茶エール」を樽で飲みました~

反射炉ビヤ お茶屋さんのほうじ茶エール

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さんから限定醸造で
かなり極少数樽と言われた「お茶屋さんのほうじ茶エール」を樽で飲んでみましたので紹介したいと思います。
後ほど気になる事がありお伝えしたいと思いますが、
「Juicy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」
に続き反射炉ビヤさんは2度目の登場ですね~^^

ビール名:お茶屋さんのほうじ茶エール
ブルワリー:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
スタイル:ペールエール
アルコール度数:5.0%
IBU:17
facebook:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)

こちらがその「お茶屋さんのほうじ茶エール」の画像です。

見た目もほうじ茶って感じですが、香りもほうじ茶がほのかに香る心地よい感じ。
飲み口ですが、ほうじ茶をしっかり感じるが強すぎず、
お茶独特の渋みと混ざり合いビールとしてバランスが素晴らしい。
甘味はないものの、ホップの苦味が控えめでほうじ茶が好きなビアっぷるは
予想外と言っては失礼だがかなりのかなり好み!^^;

この「お茶屋さんのほうじ茶エール」の『ほうじ茶』ですが、
反射炉ビヤさんのところで栽培されてる物を使ってる様で自社で厳選したほうじ茶を使えるのは良いですね!
因みに『7樽限定!?』とかなり少ない様ですよ(^^ゞ
モルト感とビール感、そしてほうじ茶感が口の中に広がる上に飲んで鼻から抜ける香りとバランスが絶妙で素晴らしい。
『日本人でよかったぁ~』と、思えるひと時を感じました^^;

このビールを飲んで凄く凄く気になってる事があります。
反射炉ビヤさんの醸造の方は昨年の夏ごろから変わりました!?
今回の「お茶屋さんのほうじ茶エール」は昨年の夏ごろ反射炉さんのレストランにお伺いした際に飲んだ
ビールと完成度がだいぶ違う感じがしておりここまで変わるのって醸造技術が上がったか、醸造の方が変わった。
のどちらかと思うのですがビアっぷるは後者と思ってるのですが…どうでしょうか?^^;

はい、勝手ながら言いたい事言わせてもらってすみません(^^;)
ただこのビール感を出せるなら今後反射炉ビヤさんのビールを飲んでみたいと思いますし、
こういう事があるのがクラフトビールの良さとも思ってます。

そんなこんなで今回は『反射とビヤ』さんの「お茶屋さんのほうじ茶エール」を紹介しましたが、
ビアっぷるは近日もう1度飲みに行こうと思ってますwww
皆さんも樽数が少ないのですが機会があれば是非飲んでみてくださいね~

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ワイマーケットブルーイング(ロゴ3)
    こんにちは、こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、ちょっとブログアップが…
  2. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は静岡県は『反射炉ビヤ』さんから限定醸…
  3. Two Rabbits Brewin ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、滋賀県近江八幡市の『Two Rab…
  4. 御殿場高原ビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となる静岡県は御…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、以前からお伝えしてるように“ソラチエ…
ページ上部へ戻る