【静岡】反射炉ビヤ:「Juicy Drop IPA(ジューシードロップIPA)」を樽で飲んでみました〜

反射炉ビヤ Juicy Drop IPA

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、ようやく飲んだ事のなかったニューイングランドIPAが飲めました。
静岡県の反射炉ビヤさんが限定醸造した「Juicy Drop IPA」。
ビール名からいかにもニューイングランドIPAと思えてしまうビアっぷる^^;
ちょっと反射炉さんのビールは好みでないのが多いので、
先日のAJBさんの時の様に今後も飲みたくなるビールだといいなぁ~

ビール名:Juicy Drop IPA(ジューシードロップIPA)
ブルワリー名:反射炉ビヤ
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:5.0%
IBU:15

ビール画像はこちら、

見た目はこんな感じです。
香りはホップ感を強く感じそれ以外の香りは控えめと思いました(@_@)

はい、飲み口は口に含んだ際は苦味もなく軽めでスッキリ。
ビアっぷるが好みの仙南さんの『20th Anniversary 記念ビール NE-IPA』や、
伊勢角さんの『Neko Nihiki』とは違うニューイングランドIPAで、
初のニューイングランドIPAを仕込んだとの事でしたが、
ビアっぷる的にはやや水っぽくもう1つパンチが欲しかったなぁ。
決して苦手ではないが好みとは言い難いニューイングランドIPAでしたが再度仕込んで欲しいとも思いました^^;

反射炉ビヤさんと言って思い出すのは…ビール名が地元にゆかりのある方の名をつけており、
早雲(アメリカンペールエール)や頼朝(ポーター)、太郎左衛門(イングリッシュペールエール)等々がありましたが、

ビール名:スメラギ
スタイル:バーレーワイン
アルコール度数10%

確か反射炉ビヤさんが19周年記念で醸造したバーレーワインでしたっけ?
記憶にあるのは洋ナシの様な香りを感じビア仲間からは甘みを
感じるとの事でだったが、求めてる甘味を感じないビアっぷるは
他の人と舌が違うんだな。。。と改めて認識した日でもありましたwww

前々からお伝えしてますがクラフトビールは嗜好品です。
また人の舌は千差万別で好みが必ず出てくるもの。
あくまでもビアっぷるの舌の感覚で感想を述べてますが是非1度飲める機会があれば自身の舌で確認してくださいね!
それがクラフトビールの楽しさでもありますので^^

今回は、ここまで。

それでは、また~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る