【山梨】うちゅうブルーイング:「グルーオン/No.424」を缶で飲んでみました~

うちゅうブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんから「GLUON(グルーオン)/No.424」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回の『SUMO(スモー)/No.414』もスムージーでしたが、今回もスムージーでビア仲間よりプレゼントで頂いたビール🍺。さて、どんな感じでしょうか😄

うちゅうブルーイング(グルーオン/No.424)_イメージ01

『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』GLUON(グルーオン)/No.424 詳細

ビール名:GLUON(グルーオン)/No.424
ブルワリー名:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
ビアスタイル:スムージーサワーエール
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
facebook:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)

コチラがその「GLUON(グルーオン)/No.424」のビール画像です。

うちゅうブルーイング(グルーオン/No.424)_缶01
うちゅうブルーイング(グルーオン/No.424)_缶02

「GLUON(グルーオン)/No.424」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴで鮮やかな赤ピンク色という感じでしょうか
香りは、爽やかな酸味とイチゴ感が全面に出て
飲み口は、ホップの苦味は微塵も感じれず持続性もないかな。また求めてる甘さはなく加糖された甘さが強いかな。そしてイチゴの甘酸っぱさが先にきて後からバナナの甘やかな感じが追いかけてくる。飲み後にはイチゴとは違う酸味が爽やかさを増す印象で、イチゴの余韻と程よい甘さもGOOD。ボディはライトで口当たりが滑らかで飲みやすく、好みな方ですが…ビアカクテルという感じは変わらずかな😅

イチゴ感しっかりのスムージー

この「GLUON(グルーオン)/No.424」ですが、ホップの種類はわからず。また原材料にはいちご果汁(モロッコ&チリ産)と、バナナ果汁にレモン果汁、小麦にオーツ麦、アガベシロップにマルトデキストリン、更に糖類を加え醸造されたスムージーサワーですね。なるほど、飲み後に感じた“イチゴとは違う酸味”はレモン果汁だったのですね。あの爽やかさな酸味もアクセントになって、飽きさせない感じも良いのですが…やはりホップを使われてるとは言え、ビールというよりはビアカクテルという印象は変わらず。前回のSUMOはリンゴが主で今回はイチゴが主のスムージーサワー…しっかりイチゴ感等などを感じれるしバランスも良い印象で好みな方ですが、決して悪い意味ではなく感じ方は人それぞれも、多少原材料は異なるもののフルーツが変わっただけという印象😅。しかしスムージーサワーがブームの中、うちゅうさんの濃いヘイジーIPAを缶ではなく樽(ドラフト)で飲みたいビアっぷる。ただ、コロナで以前に比べ缶に比重が傾いてそうなのと、10リッター樽が無くなった事で中々ビアバーさんでも繋がる率が減ってしまった。とは言え、“効率良く”と“完売する現実”があるだけに気持ちもわかるから何とも言えない…その他も色々あるが、良いか悪いかは別としてクラフトビール業界もだいぶ変わってきましたね🤔

はい、という事で今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんから「GLUON(グルーオン)/No.424」をご紹介しました。濃厚イチゴ+余韻バナナ+爽やかレモンのスムージーサワー✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る