【岩手】Baerenbier(ベアレンビール):「Innovation Red Lager(イノベーションレッドラガー)」を樽で飲んでみました~

ベアレンビール(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、岩手県は盛岡市にある『Baerenbier(ベアレンビール)』さんより、定番の「Innovation Red Lager(イノベーションレッドラガー)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。このブログでは久しぶりにご紹介となうベアレンさんですが、クラシック以外はあまり飲まないのですが、モルトがレッドXを使ってるという事で飲んで見ようと思いました( ´∀`)

『Baerenbier(ベアレンビール)』Innovation Red Lager(イノベーションレッドラガー) 詳細

ビール名:Innovation Red Lager(イノベーションレッドラガー)
ブルワリー:Baerenbier(ベアレンビール)
ビアスタイル:レッドラガー
アルコール度数:5.5%
IBU:23
URL:Baerenbier(ベアレンビール)
facebook:Baerenbier(ベアレンビール)
※定番ビールですが限定醸造カテゴリに入れます

こちらがその「Innovation Red Lager(イノベーションレッドラガー)」のビール画像です。

ベアレンビール(イノベーションレッドラガー)

「Innovation Red Lager(イノベーションレッドラガー)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアな赤褐色で光の加減でやや暗めですが綺麗な色でした。
香りは、ベリーを感じる爽やかな感じ。
飲み口は、ホップの苦味を感じるが控えめで求めてる甘さはなかったなぁ。またモルトのレッドXの味を感じるが嫌味がなく、強く過ぎず弱すぎずの絶妙なバランスでベリーっぽいフレーバーとのマッチ感がよく、コクを感じながら後の余韻までしっかり楽しめる感じ。ボディはライトで非常に飲みやすく、ビアっぷるの好みな方でした^^

この「Innovation Red Lager(イノベーションレッドラガー)」ですが、ベアレンさんの定番ビールの1つでホップはジャーマンカスケードを使われてる様ですね。またモルトはレッドXを使用し鮮やかな赤色を出したレッドラガー。因みにビアっぷるがレッドXを使ってるビールで一番気になってるのが、レッドXが出すぎてないか?という点。過去に飲んだビールの中で使用量が多いと逆にしつこくなって飲みにくくなるので、適度が好みなビアっぷる。ベアレンさんのこのビールには絶妙なバランスでレッドXを感じながらも、ベリー系が合わさり心地よさがあるのが良さかな。それでいてベアレンさんのビールはどのビアスタイルも基本的に安価で、

ベアレンビール(イノベーションレッドラガー)_缶イメージ1

このビールは24本入の缶で7,867円の税込み。また、クラフトビール飲み慣れてる方でも感じてる事だと思いますが、クラフトビール自体が嗜好品で大半が高価な中で、ベアレンビールさんは安価な上に岩手県の地元に根付き、且つ技術力が認められてるブルワリーさんの1つ。ビアっぷるはラガーの“クラシック”が一番好みですがあまり外へも出されないブルワリーさんで、ボトルや缶はともかく樽で飲める箇所って意外にも少ないんですよね。地元を愛し、“地元密着型”を追求し、今に至ってるのがベアレンさんです。ホント好感の持てるブルワリーさんです。是非興味のある方は、ベアレンさんのショッピングサイトでお求めになってみてはいかがでしょうか?

工場見学が!?

また、工場見学も“昔ながらの伝統的な製法”でビールを醸造されています。まだベアレンさんにはお伺いした事がないというビアっぷるですが、

ベアレンビール(銅釜)

この銅製の釜が一際目立ち、“コンピューター”を使われてないという醸造環境という事で、手作業はもちろん大変でも職人の感覚と経験を未だに貫くその姿勢もビアっぷるは非常に好感を持てますし、いつか機会があればお伺いし現地でベアレンさんを感じてみたいと思っています( ´∀`)

はい、という事で今回は、岩手県は盛岡市にある『Baerenbier(ベアレンビール)』さんより、「Innovation Red Lager(イノベーションレッドラガー)」をご紹介しました。皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る