【愛知】トートピアブルワリー:「ネオフォビア」を樽で飲んでみました~

トートピアブルワー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛知県は長久手市にある『Totopia Brewery(トートピアブルワリー)』さんから「Neophobia(ネオフォビア)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Tropophobia(トロポフォビア)』で、前回同様今回もDDHヘイジーIPA。さて、どんな感じでしょうか😄

トートピアブルワリー(ネオポフォビア)_イメージ01

『Totopia Brewery(トートピアブルワリー)』Neophobia(ネオフォビア) 詳細

ビール名:Neophobia(ネオフォビア)
ブルワリー:Totopia Brewery(トートピアブルワリー)
ビアスタイル:DDHヘイジーIPA
アルコール度数:7.1%
IBU:???
URL:Totopia Brewery(トートピアブルワリー)
facebook:Totopia Brewery(トートピアブルワリー)

こちらがその「Neophobia(ネオフォビア)」のビール画像です。

トートピアブルワリー(ネオポフォビア)_01

「Neophobia(ネオフォビア)」飲み応えレビュー

見た目は、スタイルはヘイジーもまさかのクリアーな明るめな山吹色
香りは、ややフルーティーさからグラッシーっぽさも
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌先でちょい残る程度。また求めてる甘さはない。そして熟れたオレンジの様な独特さと、柑橘さのホップフレーバーからジューシーさ&ヘイジーっぽさが極めて感じにくい。ガスがやや強めで、飲み後の甘さがやや感じると共に温度上昇で苦味ややUP。ボディはライトでスッキリも、独特さとバランスが気になり残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ヘイジー=濁り+色味も…

この「Neophobia(ネオフォビア)」ですが、ホップはストラータとギャラクシーの2種類を使用。その他原材料の記載がないが、ビアっぷるが飲ませて頂いた中ではアルコール度数が1番高いDDHヘイジーIPA。えっと、拘って満を持してヘイジーを醸造され始めたブルワリーさんですが…感じ方は人それぞれも、“ヘイジーIPAっぽさ”がかなり感じにくく思ったのはビアっぷるだけ!?。気になるのが、ビアっぷる初飲みの『Technophobia(テクノフォビア)/6.8%』から2つめは冒頭の『Tropophobia(トロポフォビア)/6.7%』、そして今回3回目。よもやのサワーIPAの『Acerophobia(アセロフォビア)/5.3%』が一番濁ってるという摩訶不思議さ😅。申し訳ないが今やヘイジーはWCBさんしかり、うちゅうさんやインクホーンさん等などで当たり前に濁り、色味(黄色・ベージュ・オレンジ等)もしっかり出ている。ましてや“ヘイジー=濁り”と“見た目の色”等なども気にしてかなりシビアになってるのはビアっぷるだけではないはず。濁ってないとわかった時点で、ビールコメントで良くも悪くも真実をお伝えできれば(毎回はNGですが…)飲み手も理解し、それでも飲みたい・助けたいと思う方も多いと思うんだけどなぁ?。因みに天の邪鬼でこんなウザい奴ですが、ビアっぷるは自身の思いがマッチすれば飲みたい・助けたいと思う側です😅。醸造が出来ないし言えた事ではないし考え方や好みは人それぞれも、“醸造のプロ”としてもっとヘイジーIPAを追求してもらえると嬉しいなぁ~✨。そして今後は、サワーIPAを中心に飲める環境があれば是非飲ませて頂きたいと思うビアっぷるでした。

はい、という事で今回は、愛知県は長久手市にある『Totopia Brewery(トートピアブルワリー)』さんから「Neophobia(ネオフォビア)」をご紹介しました。濁りのないクリアーなヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る